執着しない強い気持ちを持つ5つの方法

Pocket
LINEで送る

syutyaku-kimoti
執着してしまう・・・どんな物にこだわっていますか?

物、お金、人、人の心、名声、などへの執着で心に増えていく物は、ネガティブな感情だけのような気がします。

なぜかというと、執着は楽しさや希望をもたらすより、日を追う事に、猜疑心、嫉妬、見栄、こんな物がおんぶお化けのように重なり、張りつき、苦しくしていきます。

執着を即捨てる事が出来なくても、まず心が解きほぐされ、執着から遠のく方法を5つ考えてみました。

 

自分を自分の呪縛から解き放つ

執着しない強い気持ちを持つ5つの方法

隠されている心の声を聞いてみよう

執着を捨てよう、執着しない自分になろう、そう思って努力をすでにされていることでしょう。でも、なかなか思うようにいかない、変えていけない事で、自分を責めてはいませんか?

あなたの心は、あなたの行動だけが頼りです。自分を嫌いにならず、自分を責めず、本当の気持ちに今一度、耳を傾けてあげましょう。

執着していたって、いいんじゃないか、捨てなくてもいいんじゃないか、そんなふうに思っている本心は、自分の場所がなくなる、自分の輝いていた部分が消える・・・捨てたら、自分までなくなってしまうような気持ち、恐怖心ではないでしょうか?

心配しないで、新しい場所、新しい輝き方が待っています。

 

過ぎた事(時間、失くした物、叶わなかった愛)はアルバムにしまおう

思い出は美しく輝くという事は、もうご存知でしょう。でも、一歩を前へ踏み出す事を躊躇している・・・どんなに輝かしい事も、楽しかった事も、今の時点で進行しているのでなければ、それは過去のことです。過去に置いて来ましょう。

今、進行中か、それが分からない、多分それは分かりたくないのかもしれません。思い出は過去に捨てるのではなく、きちんと「昨日までのアルバム」に整理します。

きちんと整理をしてあげると、「よい事、楽しかった事」は、輝きを増し、「悲しい事、憤りを覚えた事」は、時が柔らかいベールで覆ってくれ、笑って話せる日が来ます。

きちんと整理をする手助けに、昨日までと違った日常生活を始めます。朝起きる時刻・歩く道・乗るバス・乗る電車を変えたり、入った事のなかった、カフェやレストランを使ってみます。

見る物も、食べる物も全て昨日と違うと、新しい気付き、新しい出会いに遭遇します。

昨日まで、あなたが体験した事を「足かせ」にしてはいけません。未来にとって今日は過去、未来のあなたが振り返る時にアルバムの中が楽しい事で埋まるように今日を過ごしていきましょう。

 

あなたがいるから、楽しい

○○さんといると楽しい、○○さんが励ましてくれたから頑張れる、こういう事は子供のころはよくありますね。

ですが、実際は○○さんのおかげで楽しかったのでも、勇気が湧いたのでもないのです。自分自身が楽しもうとした、成功しようとした・・・すべて自分の力で作り上げた物。そうするきっかけが必要だっただけなのです。

そして、今気付いていなくても、あなたの一言で、すでに周りのだれかが励まされ、笑顔を取り戻している事があるはずです。

先ずは、自分が楽しむことを考え、自分で難しい事に挑戦しようとすると、磁石にスイッチが入って、いろいろな物や人をあなた自身の力で引き寄せます。

 

白・黒をつける意義

「絶対に・・・」「善いか悪いか」・・・1+1=2、1-1=0は、一つの答えであって、算数以外では別の答えが飛び出します。

日本でも欧米でも、可愛い子供の頭をなでますが、タイやラオスなどでは御法度です。風俗習慣が違えば外国と言わず、同じ国の別の地域で「絶対・・」の基準が変わります。

物事にこだわる時、自分の基準と違う物に出会っても、それはそれでいいではありませんか?人の好みも違うように、人の価値観も違います。

ただ、違う好み、価値観がある事は認めましょう。人の肌にも白と黄色と黒がある、四角いスイカや玉ねぎがある、いいじゃありませんか。

違った物を受け入れたところで、それに屈するのではなく、新たな考え方を知るだけです。

柔道は、やわらかい道、と書きますね。これを疑わず練習したから、ヤワラちゃんは世界一になれたのでしょう。そうでなければ体の大きい人が世界一になるはずです。

 

青い鳥はあなたの中にいます

メーテルリンクの青い鳥、一生懸命、過去や未来をいろいろと探しまわったのに、実は手近な鳥かごの中に居た、というお話ですね。このお話は、いろんな状況に当てはめて解釈ができます。

例えば、きらきらと輝く思い出の中を覗き込んでいても、今日の可能性は見つかりません。未来におおきな夢を追い求めても、今日叶う夢がある事は見つかりません。

確実に手に入れられるのは今で、大切な今を見ていなければ見つかるどころか、見落とす事になります。

今が大事だ、と気づいた瞬間に青い鳥の存在がはっきりと見えてくるのです。見ようとして見えるのではなく、今日を大事に、今日の自分を大切に生きると、自分を取り巻くすべての事が昨日までと違って見えてきます。

その時、青い鳥が姿を現し、未来は夢をかなえる場所に変わります。

 

いかがでしたか?

執着した心は、何も生み出さない事を認め、執着で硬くなっている自分の心を解きほぐしてあげましょう。最初は真似でも、執着している物を見ない(考えない、聞かない)ようにしながら、新しい事を始めてみましょう。

そうするうちに、心が柔らかさを取り戻し、執着していたものと、距離が開いている事に気がつくはずです。後ろを振り向かず自分を磨いて、人の話を、外国の物語を聞くように肯定的に聞いていきましょう。

間もなく、あなたにとって大切な人、物、場所、に巡り合います。

 

まとめ

執着しない強い気持ちを持つ5つの方法

  • 隠されている心の声を聞いてみよう
  • 過ぎた事(時間、失くした物、叶わなかった愛)はアルバムにしまおう
  • あなたがいるから、楽しい
  • 白・黒をつける意義
  • 青い鳥はあなたの中にいます