視野を広げる意味を考えてみる。広げると変化する5つの事

Pocket
LINEで送る

shiya-hirogeru
突然ですが、みなさんに質問です!充実した、毎日を過ごしていますか?

この質問に「はい」と、答えられる方は問題ないのですが、「毎日何か物足りない」「毎日が退屈でつまらない」「毎日何かむなしい」と、感じていらっしゃるそこのあなた!是非この記事をご活用下さい!

毎日を充実させるためには、適度な刺激(新たな発見や気付き)と自己成長(良い方向への変化)の実感が、必要不可欠であり、その実現の第一歩は「視野を広げる」ことです。

本日は、そんな皆さんのために、「視野を広げる意味を考えてみる。広げると変化する5つの事」を、お伝えしていきます。

 

 

視野を広げる意味を考えてみる。広げると変化する5つの事

小さな幸せを数多く感じられるようになる

みなさん今、時間を少し取り、周りを良く・意識して見渡して見て下さい!

何が見えますか?ひまわりが咲いていますか?雲ひとつない快晴ですか?人は日常同じ行動・同じ環境下に身を置き続けると、目で見えていても、何も感じなくなり、見えていないのと同じ状況に陥ります。

でも実際に周りを良く・意識して見渡して見ると、普段は全く気付かない、自然現象の細かい変化に気付くようになり、童心に戻り、昔のなつかしい良い記憶とともに、「小さな幸せ」を日常で数多く感じられるようになります。

すると周りの環境に変化はないにも関わらず、不思議と「心豊か」に過ごせるようになるのです。是非一度時間を少し取り、周りを良く・意識して見渡して見てはいかがでしょうか?

 

新たな価値観・考え方・気付きを得られるようになる

仕事でも私生活でも周りをよく見ていると、普段から活発に行動している人の、「元気さ」「明るさ」「前向きさ」に関心が向きやすくなり、声をかけて話してみたくなります。

普段から活発に行動している人と話しをすると、ご自身を元気付けるプラスの言葉をかけてくれたり、ご自分の良いところを教えてくれたり、前向きな人が集まる交流会に誘ってくれたりもします。

この人の輪の繋がりから、ご自身の「新たな価値観」「考え方」「気付き」が得られ、「知識」や「知恵」の引き出しの数が増え、物事を選択するときの「選択肢」が増えるため、より自分の意向に沿った選択ができ、ご自分の人生を充実させることができるようになるのです。

周りをよく見ることにより、人の繋がりの輪を活かし、ご自分の意に沿った・充実した人生を送りませんか?

 

固定概念に囚われない・柔軟な発想ができるようになる

みなさん、「井の中の蛙大海を知らず」ということわざをご存知でしょうか?意味は、狭い世界に閉じこもって、広い世界のあることを知らない。狭い知識にとらわれて大局的な判断のできないことのたとえ。(※大辞林 第三版より引用)

自分では「井の中の蛙」になっているつもりでなくても、年齢を重ねれば重ねるほど、守りに入りやすく、ご自分の固定概念の枠内ですべての物事を判断してしまう傾向にあることを、まず心得ておきましょう!

その上で視野を広げ、頭を空っぽにし、すべてスポンジみたいに吸収して受け入れてみましょう!すると、ご自分では気付かなかったような「柔軟な発想」や「アイデア」が生まれ、ご自身の生活スタイル(働き方や生き方)が良い方向に変化しやすくなります。

まずは「視野を広げ」「固定概念を取り払うこと」から始めてみませんか?

 

専門分野外のことに興味・関心を持てるようになる

視野を広げると、「専門分野外のことに興味・関心を持てるようになる」というメリットがあります!

これは人・TVなどのメディア・PCなどのNET環境などさまざまなものを介して起こります。特に普段から興味を持っていて、「いつかやりたい!」と思っているが、仕事等で日常生活が忙しく、未だに実行できず、専門分野外になっていることにはとても有効です!

視野を広げ・意識をし続けることで、チャンスを確実に捉えることができるため、興味・関心の幅が広がりやすくなるのです。

多趣味な人は、周りから見ても魅力的で、イキイキとして見えるので、人を引き付けやすく、さらに興味・関心の幅が広がりやすい環境が生まれるという、好循環サイクルが続き、人生への満足感が得られやすくなるのです。

みなさんも釣りのように、えさを付けて釣り糸を垂らし、魚(専門分野外の興味・関心)を釣り上げて、ご自身の見識・人としての新たな魅力を発見・開拓してみませんか?

 

行動することが楽しくなり・行動力がつく

最後に視野を広げる最大のメリットは、「行動することが楽しくなり・行動力がつく」ことです。

視野を広げると、興味・関心事が増え、実際に試してみたくなるものです。試す(実体験)ことにより、実感がわき、判断材料を得て、良し悪しを判断しやすくなります。

最初は勇気が要りますが、初めの一歩を踏み出せば、新鮮な気持ちとともに「新たな発見」や「気付き」が得られ、ご自分の「無限の可能性の広がり」を前向きに捉えられるため、「行動することが楽しくなり」「行動力がつき」、ますます充実した日々を送ることができるようになるのです。

人が変わる一番の近道は「視野を広げ」、何事にも興味・関心を持ち「行動し続けること」、みなさんも今日・今・この瞬間から新たな一歩を踏み出してみませんか?

 

いかがでしたか?

みなさん「視野を広げる意味と広げると変化する5つの事」いかがでしたでしょうか?大切な事はいくつになっても、童心を忘れず、あらゆる分野に興味・関心を持ち続け、固定概念に囚われず、頭で考える前にまずやってみる!行動してみる!ことです。

あとはその実体験と実感を元に、向き不向き・良し悪しを判断し、継続するか?否か?を決めるだけなのです!難しく考える必要は何もないのです!空っぽの頭で、本能に従い、まずは第一歩を踏み出す!そしてスポンジのように何でも吸収してみる!

すると以外な自分の「才能」や「得意分野」に気付き、前に進むきっかけになるかもしれませんよ!まずは「視野を広げて」「行動してみる」ことを大切に、始めてみませんか?

 

まとめ

視野を広げる意味を考えてみる。広げると変化する5つの事

  • 小さな幸せを数多く感じられるようになる
  • 新たな価値観・考え方・気付きを得られるようになる
  • 固定概念に囚われない・柔軟な発想ができるようになる
  • 専門分野外のことに興味・関心を持てるようになる
  • 行動することが楽しくなり・行動力がつく