人付き合いが面倒だと思わない、5つのコツ

Pocket
LINEで送る

mendouto-omowanai
人付き合いがスムーズにいくと、全てのことが上手くいくような気がするのですが、逆にスムーズにいかない、上手くいかないと、全てが面倒に思えるようになってしまいます。

人間関係で嫌な事があったり、トラブルがあると、そのことが原因で、後々まで引きずることがあるのですが、面倒なことになったとしても、考え方を切り替えることが出来れば、スムーズに解決することが出来ます。

人付き合いは、気を使うので面倒なのです。

ですが、どんな分野であっても、人付き合いは必要なので、トラブルがあった場合は解決するか、自分の気持ちを保っていくかのどちらかが必要になっていきます。

 

 

人付き合いが面倒だと思わない、5つのコツ

何があっても自分のペースを崩さない

自分のペースといっても、自分のやるべきことのペースを崩さないということです。

人間関係でトラブルがあったとしても、あえて意識して大きく構えていきながら、自分のやるべきことだけに、集中していけばいいのです。

人は、トラブルがあると卑屈になっていくのですが、卑屈になっても「自分は何をするべきなのか」だけは、冷静に保っていくようにしてください。

内面は卑屈であっても、何事もなかったように、振る舞っていればいいのです。トラブルに対して、変に過剰に意識したりすると、かえって面倒になっていきます。

本当に大変なことというのは、トラブルがあったときに、自分の気持ちを保っていくことであるのですが、気持ちを保っていくためには、平穏に装うことが必要なのです。

 

相手が怒っていても放っておく

人間関係のトラブルで、相手が怒っていたとしても、放っておいてください。

あなたの非が原因であったとしても、怒っているのは相手の都合であるので、反応する必要はないのです。

相手が怒っているときに反応してしまうと、さらに面倒になっていくので放っておいて、自分のペースを保つことに集中してください。

どんな人であっても、ずっと怒っていることは出来ないので、気持ちが落ち着いてから、冷静な話しをしていきながら、トラブルを解決するようにしてください。

もし、解決することが出来ないようであれば、無理に関係を解決する必要はありません。

 

自分の機嫌をとることに集中する

他の人の機嫌が悪い場合は、相手の機嫌はとらないようにしてください。そのようなときほど、あなた自身の機嫌をとることを、意識していくのです。
とくに身近な人間関係だと、相手に機嫌をとろうとしてしまうのですが、何事もなかったように、放っておくことの方が相手のためでもあるのです。

自分で自分の機嫌をとれる人は、自分のペースを崩さないで、相手を巻き込むことが出来るようになります。

人間関係で面倒になったときこそ、あなた自身の機嫌をとることを、意識してみてください。自分の機嫌さえとることが出来れば、それ以上に人間関係はこじれることはありません。

 

人は人、自分は自分とキッチリ分ける

人には、それぞれの考え方があるので、考え方が合わなくて、トラブルになることもあります。

考え方の違いというのは、仕方がないことであるのですが、「人は人、自分は自分」ということは、キッチリ分けて考えてください。

ただ、考え方の違いは分けたとしても、どちらが正しくて、どちらが間違っているということを決着つけないことです。考え方の違いを理解した上で、人は人、自分は自分ということを分けるようにしてください。

考え方の違いがあることは、悪いことではないのです。ただ違うことでトラブルになるのは、どちらか片方だけが、正しいと決着をつけようとするからなのです。

 

面倒と思う人とは必要最低限の付き合いにする

周りにいる人、全ての人と良い人間関係でいることが理想ですが、現実はそう簡単なことではありません。

必ず、考え方が合わない人がいるのです。そのような人とは、無理に深く付き合う必要はありません。無理に深く付き合うと、さらに面倒になります。

最低限、嫌わないようにしてください。無理に好きになる必要はないのですが、好きでも嫌いでもない、当たり障りのない人間関係を目指すようにしてください。

 

いかがでしたか?

人間関係ほど、面倒なことはないのですが、人は一人では生きていけないので、人とは付き合うしかないのです。

ただ、いくら面倒であったとしても、他の人に合わせるだけの関係ではいけないのです。状況によっては、合わせることも必要なのですが、ただ合わせているだけでは、お互いに良くないのです。

全ての結論は、自分の内面を良い状態に保っていくことが出来れば、外の関係はおのずと解決されたり、状況が変わって自然に離れていく場合があるので、今の人間関係の中で、自分が出来ることだけをやっていけばいいのです。

 

まとめ

人付き合いが面倒だと思わない、5つのコツ

  • 何があっても自分のペースを崩さない
  • 相手が怒っていても放っておく
  • 自分の機嫌をとることに集中する
  • 人は人、自分は自分とキッチリ分ける
  • 面倒と思う人とは必要最低限の付き合いにする