すぐイライラしするんだよな。と、思う人に見てほしい簡単な7つの改善方法

Pocket
LINEで送る

イライラしちゃう
日常生活のあらゆる場面で、ちょっとしたことが気に障って、イライラして気持ちが落ち着かない!ってことありませんか?

気が急いているときほど、物事が続けてうまくいかなかったりして、余計に攻撃的な気持ちになってしまうものですよね。

イライラは精神的にも私たちを疲弊させます。もっと落ち着いて、気持ち良く毎日を過ごすために、今回はイライラの改善方法をお教えします。

 

 

すぐイライラしちゃうんだよな。と、思う人に見てほしい簡単な7つの改善方法

イライラの原因を探る

私たちは、未知なこと、見通しの立たないことを目の前にすると、どうしていいのか分からず、何も対策が立てられないことに、腹立たしい感情が湧いてきます。

つまり、イライラする原因は、なぜ自分が“それ”によって気持ちが乱されるのかが、分からないからです。まずは本質的な原因を知ることが大事です。

例えば、のんびりとした口調でペースの遅い同僚に対して無償にイライラする…

その原因をよくよく考えてみると、自分自身が取り掛からなくてはいけない仕事を先延ばしにしていて、期限に遅れているといった、自分の問題を相手に転嫁していたからだ、ということに気づくかもしれません。

表面的な理由ではなく、自分の中にある根本的な原因を見つめてみましょう。

 

自分の弱さを受け入れる

イライラや怒りなどの負の激しい感情は、他人に知られたくない、自分の情けない部分の裏返しであることが多いです。

必死に自分の弱さを知られまいと、攻撃的な気持ちになってしまいます。「負け犬の遠吠え」という言葉があるように、弱いことを隠すために激しい感情が出てくるのです。

他人は自分の鏡です。あなたが相手に良い感情を抱けないのは、あなたにも相手の中に見た性質があるからです。

自分の弱さは受け入れ難く、認めたくないものなので、受け入れることはきっと苦しい作業でしょう。ですが、自分自信の負の面と向き合うことは、あなたの大きな成長につながります。

 

開き直る

自分の負の面を受け入れることができたら、「私は〜ができないんです!助けてください!」と、自分の弱さを開き直ってしまいましょう。

イライラすることが多いという人は、大抵頑張って他人の分まで、いろいろと背負ってしまいがちです。

“自分は周りの誰よりも頑張っているのに!”と、周りと比較して自分が損している気持ちになり、それが結果的にイライラの原因になっていたりします。

そういうときは、勇気を持って強がることをやめて、素直に周囲にヘルプを求めてみましょう。

 

自分を責めない

弱い自分に気づくと、自分がとっても情けない者に思えて、ひどく落ち込んでしまうかもしれません。ですが、人間はみな同じように弱さを抱えている、ということを忘れないでください。

そして、自分を責めすぎないでください。弱いことはダメなことではありません。逆に、弱さを自覚できたなら、強くなれるチャンスが高まるんだ、と捉えてください。

弱さを克服しよう!とプラスのモチベーションが湧いてきたら、他人の弱さにも寛容に対応できる、心のゆとりが持てるはずです。弱いからこそ生まれる気持ちを大事にしましょう。

 

“そんなこともあるさ”の気持ちで

もう一つ、イライラの原因になり得るのは、“期待していた通りにならない”ということに遭遇したときです。

日常生活の中で、家族・友人・同僚・恋人と、思ったように意思疎通ができないとき、期待が満たされないイライラが湧いてきます。

特に親しくて、信頼している相手だからこそ、自分の気持ちを全て受け止めてほしい、きっと受け止めてくれる!という強い期待を抱き、期待していたような反応を、もらえないとがっかりして、どうして分かってくれないの!!と、腹立たしい気持ちになってしまいます。

そういうときは、“そんなこともあるさ”、と気長な気持ちを持ちましょう。人間は、一人の例外もなく違う生き物です。100%意思疎通することはできません。

違ってあたりまえ、すべてを理解してもらえなくても大丈夫!嫌われたっていいや、失敗したっていい!というくらいの気持ちでいれば、そんな自然体のあなたの周りには、おのずとあなたの良さを理解してくれる人が、寄ってくるはずです。

 

“なんちゃって”と唱える

それでも、どうしても不満な気持ちがむくむくと湧いてきてしまったら、「なんちゃって」という言葉を口に出してみましょう。

小さなことに敏感になっていた自分に気づき、肩の力がストンと落ちるはずです。イライラと焦っていた気持ちに、ブレーキをかけて、ゆるやかに落ち着かせてくれる魔法の言葉、「なんちゃって」で、イライラとおさらばしましょう。

 

感謝探し

イライラを落ち着かせられるようになったら、日常的に“感謝探し”をしてみましょう。

どんな小さなことでも、自分をほんのりあたたかく、幸せな気持ちにさせてくれる、“感謝”な出来事を意識して、心に留めてみましょう。

きっと、自分がとても恵まれていて、素敵なことに囲まれている喜びが、あなたに心のゆとりを与え、焦って不満だらけな日々から解放されるはずです。

 

いかがでしたか?

なかなか抜け出せない、イライラの感情から解放されるヒントを受け取っていただけたでしょうか?

自分を掘り下げ、見つめ直した上で、日々の幸せに気づくことができるようになれば、自然とイライラもおさまっていくはずです。

ぜひ意識して、これらを生活の中で実践してみてください。

 

まとめ

すぐイライラしちゃうんだよな。と、思う人に見てほしい簡単な7つの改善方法

  • イライラの原因を探る
  • 自分の弱さを受け入れる
  • 開き直る
  • 自分を責めない
  • “そんなこともあるさ”の気持ちで
  • “なんちゃって”と唱える
  •  感謝探し