謙虚な人になるべき、5つの理由

Pocket
LINEで送る

kenkyo-naru
成功している多くの人が、共通して言っている事は、「謙虚になる」という事です。

どんなに誇るような実績があっても、傲慢になって、誰も文句を言えないような実績があっても、向上している人は「謙虚な人」であるのです。

ここでは、謙虚になるべき理由と、謙虚になる事で得られるメリットをお伝えします。

 

 

謙虚な人になるべき、5つの理由

謙虚になるといつも視野が広くみえる

いつも謙虚でいる人は、視野を広くみることができます。

逆に傲慢な人は、裸の王様のようになっているので、周りの人が自分を讃えている、目の前の現象に支配されて、視野が狭くなってしまうのです。

謙虚な人は、いくら大きな実績があっても、いくら周りの人が賛美しても、その環境に支配されないのです。

なので、いつも視野が広い状態であるので、時代の流れにも柔軟に対応できるし、次々に新しいアイデアを生み出すことができるのです。

ですから、謙虚になっていた方が、いつも気持ちがリラックスしている状態であるので、物事の視野を広くみることができます。

特に今の時代は、「アイデア時代」であるので、どんな立場であっても謙虚であることの方が、時代に合った生き方ができるようになります。

 

謙虚になると自分を見失わない

謙虚の反対の、傲慢になると自分を見失います。

どんなに大きな実績を出した会社の社長であっても、自分一人で実績を出したのではないのです。その本質を見失うと同時に、自分を見失ってしまうのです。

いつも謙虚であり続けるというのは、実績を出している、出し続けていると難しくなっていきます。

いくら「謙虚が大事」ということを頭では理解していても、人には感情があるので、謙虚の気持ちを保っていくことは簡単ではないのです。

ただ傲慢な態度にならなければ、他の人から謙虚にみえるので、自分を見失うことはありません。

実は謙虚というのは、他の人のためではなく、自分を見失わないために必要なことであるのです。

 

いつも向上を目指すことができる

いつも謙虚でいる人は、どんな実績を出しても、いつも向上を目指すことができます。

たとえ、誰が見ても周りの人よりも優れている能力があっても、常に向上を目指しているので、目指す方向を見失わないのです。

いくら周りの人が賛美したり、讃えていても「自分はまだまだ未完成」という気持ちがあるので、自然に向上を目指していけるのです。

人は、現状に満足をしたら衰退していきます。現状維持というのは錯覚であって、向上するか、衰退するかのどちらかなのです。

いつも向上を目指すことができる人は、周りの影響を受けないのです。そのためには、いつも謙虚でいることが必要です。

 

足元を固めることができる

傲慢になっていると、足元が掬われます。足元が掬われると、現状が見えなくなってしまうのです。

足元を固めるというのは、足元をありのままに見ることができるのです。ありのままに見るためには、謙虚になっていると自然に見えてくるのです。

なので、今何の実績がない状態の人であっても、謙虚になることで、ありのままを見ることができるので、足元を固めることができるのです。

大きな実績がある人が、「謙虚が大事」ということは共通して言っていることではあるのですが、まだ何の実績も出していない人でも、ごく普通の人であっても、謙虚になることは必要なのです。

なぜなら、足元を掬われないため、あるいは足元を固めるためには、どんな人であっても必要なことであるのです。いつも謙虚でいることで足元を固めることができます。

 

目の前に集中できる

いつも謙虚な状態であると、目の前のことに集中することができます。

日常の事というのは、簡単に言えば作業の連続なのです。仕事であっても、育児や家事であっても、たとえそれが遊びであっても作業の連続であるのです。

謙虚になっていると、物事を冷静に見ることができるので、目の前の作業に集中できるのです。

「集中する」というと、気合や根性で集中しようとする人が多いのですが、力み過ぎると、頭に血が上って冷静な判断ができなくなります。

いつも謙虚でいると、目の前のことの見え方が変わってくるので、自然に集中することができます。

 

いかがでしたか?

誰でも、「謙虚が大事」ということは知っています。ただ、物事が上手くいくと見失ってしまうことがあるのです。

いつも謙虚でいることができれば、物事は上手くいくということを知っていても、傲慢になりやすい人は、その弱い自分を謙虚に受け止めることから始めてみましょう。

どこまでも、謙虚で始まり、謙虚であり続けるということです。なので、いつも「謙虚」という単語を持っていきながら、自分を見失わないように、気持ちを保てるようにしていきましょう。

 

まとめ

謙虚な人になるべき、5つの理由

  • 謙虚になるといつも視野が広くみえる
  • 謙虚になると自分を見失わない
  • いつも向上を目指すことができる
  • 足元を固めることができる
  • 目の前に集中できる