電気つけたまま寝る?消して寝る?

Pocket
LINEで送る

denkitukete-neru
眠る時に、電気はつけたままにするのがいいのか、消した方がいいのか、悩んだ事ありませんか?

睡眠は、脳と体を休めて、元気に過ごすために大切なものです。

どちらがいい睡眠になるのか、眠っている時、脳と体には何が起こっているのか、電気がついている事、消えている事のメリットやデメリットなど、電気と睡眠の関係をまとめてみました。

 

 

電気つけたまま寝る?消して寝る?

電気は絶対消して寝る

電気をつけっぱなしにして寝るのは、絶対やめてください。

これはタブーです。デメリットしかありません。

睡眠は、脳と体を休める時間です。

電気がついていると脳にストレスを与え、疲れが取れにくかったり、病気になってしまったりする可能性だってあるのです。

眠りが浅くなる、レベルではない話なのです。

不眠症や疲れが取れないだけではない、とても怖い病気の原因になってしまうのです。

 

ホルモンの分泌

睡眠中は様々なホルモンが分泌され、体を修復したり、新陳代謝を促したりします。

そうやって、日中の疲れを取ってくれるのです。

しかし、電気をつけっぱなしにして眠ってしまうと、ホルモンは分泌されなくなってしまいます。

眠りの質も落ちて、脳に大きなストレスを与えてしまいます。

電気を消して真っ暗にして寝むる事で、脳から睡眠を促す、メラトニンというホルモンが分泌されます。

メラトニンは、今活動すべき昼なのか、休むべき夜なのかを脳に知らせて、体内のリズムを整えるという大事な作用があります。

豆電球のわずかな光も、消してから眠ってください。

 

肥満になる可能性もある

豆電球の明かりすらも、睡眠には悪影響です。

眠るだけでも、カロリーは消費します。

しかし、真っ暗でなかれば、睡眠中に分泌される様々なホルモンが分泌されず、新陳代謝も促されなくなります。

つまり、カロリーの消費が悪くなるのです。

眠りのリズムが電気がついている事で、メラトニンが生産されずに崩れてしまい、代謝が落ち、結果的に太りやすくなってしまうのです。

電気のつけっぱなしが体に起こす悪影響は、思いもよらない所に現れるのです。

 

免疫が落ちる

電気をつけたままの睡眠は、様々な病気の原因にもなります。

それも、うつ病やガンなど、たくさんの病気の原因になります。

これは、免疫が落ちてしまうからです。

真っ暗にして眠るとメラトニンが分泌されますが、メラトニンは老化防止にもなるホルモンで、別名、若返りホルモンとも言われています。

メラトニンには、抗酸化作用があり体内の活性酸素を退治してくれているのです。

電気をつけて眠むる事は、そのメラトニンを減らしてしまう行為なのです。

活性酸素を退治してくれる働きが減ってしまうので、免疫が落ち、病気がちになってしまうのです。

 

乳がんや不妊症になる

電気をつけっぱなしで眠むる習慣は、乳がんや不妊症にも繋がります。

これは、メラトニンが卵子を守る役割をしているからです。

メラトニンが不足すると、妊娠できる卵子を保つ事が難しくなってしまうからです。

メラトニンが分泌されるピークは6歳だと言われており、それ以降は減少していきます。

ですので、メラトニンを不足させないためにも、真っ暗にして眠むる事が大切なのです。

 

疲れが取れない睡眠は電気のせい

電気をつけて眠むると、いくら眠っても疲れが取れません。

それは、脳から分泌されるホルモンが明るいせいで分泌されず、脳も体も休めないからです。

目を瞑っていても、目は光を感知しています。

ですので、体は起きていると錯覚してしまうので、電気をつけっぱなしにしての睡眠は、疲れが取れないのです。

夜、明るい環境にしてしまうと、メラトニンの分泌に障害が発生してしまいます。

メラトニンは、健康だけでなく美容にも大きくかかわっています。

現代は、コンビニなど夜でも明るい環境ばかりになっていますので、どうしても明るい環境を変える事が出来ないのなら、カーテンを変えたり、アイマスクを使う事をおすすめします。

疲れの取れ方が、違ってくるはずです。

 

睡眠はストレスも取り除く

睡眠は、ストレスも取り除いてくれる作用があります。

脳や体だけでなく、心まで休ませるのが睡眠なのです。

精神的な疲れまで、リセットしてくれるのが睡眠なのです。

眠むると、すっきりして嫌な事を忘れてしまった経験ありませんか?その睡眠を、ただ眠むるだけでなく、質をよくするためにも、電気のつけっぱなしはタブーなのです。

質の良い睡眠のためにも、メラトニンは大切なのです。

メラトニンは、睡眠ホルモンとも呼ばれるほど、質のいい自然な眠りに関わっているのです。

その、メラトニンの分泌を妨げないためにも電気は消して、真っ暗にしてから眠むってください。

 

いかがでしたか?

睡眠は脳や体、心のメンテナンスなのです。

電気をつけているだけで、そのメンテナンスは雑なものになってしまいますし、電気代もかかってしまいます。

電気のつけっぱなしは、びっくりするくらいデメリットしかありません。

真っ暗にして眠むるだけで、美容や体の健康だけでなく、心の健康まで保てるのです。

ただの休息だと思っていたら、こんなにすごいことが起こっているのです。

あとは朝、日光を浴びれば体内時計が正しく働き、より良い睡眠と、すっきりした寝覚めが出来るのです。

新陳代謝も上がって、ダイエットにも効果的です。

明るくないと安心して眠れないという人もいるでしょうが、少しずつ真っ暗な中で眠むれるようになってみてください。

良い効果が、表れるはずです。

 

まとめ

電気つけたまま寝る?消して寝る?

  • 電気は絶対消して寝る
  • ホルモンの分泌
  • 肥満になる可能性もある
  • 免疫が落ちる
  • 乳がんや不妊症になる
  • 疲れが取れない睡眠は電気のせい
  • 睡眠はストレスも取り除く