自信家になってみる?自分に自信を持つ7つの方法

Pocket
LINEで送る

zishinka-naru
自分に自信がありますか?と聞かれて、あると答えられますか?

自信家とは、単純に自信のある人のことを言いますが、同意語には、ナルシストや自惚れなどと、マイナスなイメージの単語がつくものです。

自信を持つのは、いけない事でしょうか。ある程度の自信は、人には必要なはずです。

それでは、どうやったら自信家になれるのでしょうか?自分に自信を持つ方法を7つ紹介します。

 

 

自信家になってみる?自分に自信を持つ7つの方法

成功を体験する

どんな些細なことでも、頑張ったり成功したのなら、自分を褒めてください。

自分を褒めることが出来ることを繰り返していけば、それは自信に繋がっていきます。ですが、失敗したことを忘れてはいけません。

同じ成功は、何度繰り返しても自信になりますが、同じ失敗は、全く成長が出来ていないことになります。

人間は、失敗を繰り返す生き物でもありますが、学習や反省も出来る生き物でもあります。

失敗の数より、成功の数を増やすためにも、失敗を反省して成功の糧にしてください。

 

姿勢を正す

猫背になっていませんか?もし、そうであれば、姿勢を正してください。

自分に自信のある人は、胸を張って歩いているものです。姿勢を正せば自身だけでなく、仕事も体の調子も良くなっていきますし、性格も明るくなっていきます。

姿勢が心理に影響を与えていることは、科学的に証明されつつあります。

身近に自信家な人がいるなら、ちょっと観察してみてください。背中を丸めて、下を向いて歩いていないはずです。

自分に、恥ずかしいところがないと思っているならそれは自信です。しっかり前を向いて歩いてください。

 

自慢話をやたらとしない

能ある鷹は爪を隠すといいます。まさにその通りです。

本当に能力のある人は、むやみに力を披露しません。いつでも使える能力を持っていることが、自信となって精神的に余裕があるのです。

なので、自分をやたらとすごい人間なんだと言っている人ほど、いざと言うときに役に立たないなんてことがあるので、これが自信家のイメージを悪くしていると考えられます。

このタイプの人は、人を馬鹿にしていることが多いので、これもイメージを悪くしているのです。

人には、認められたいという欲求があります。自分に、本当に自信を持っている能力のある人は、自慢話をしなくても人から認められるのです。

自慢話を考える脳みそがあるなら、スキルアップに使ってください。

 

自分を駄目だと思わない

自分には才能がないと、考えてしまっていませんか。

才能がある人には、ある人なりの努力があります。むしろ、才能がないからと何もしないことが、人を駄目にしてしまうのです。

自分を駄目だと思って、自分自身に言い訳をしていませんか?世の中には、努力したくても出来ない人だっているのです。

生きていることが、すでに才能なんです。世界には戦争や病気で、1日を生きることがやっとの環境にいる人だっています。

安心して眠れることが、どれだけ幸運なのか考えたことはありますか。努力出来るという幸福を、自分で潰していませんか?

駄目だと思い込んで、何もしないことが、どれだけ人生を無駄にしているか考えてみてください。

恵まれた環境にいると気付いたら、きっと頑張りたくなるはずです。そうしたら、今日1日よく頑張ったと自分を褒めてください。

自分の努力を、1番わかっているのは自分です。自分は、努力出来る人間だと胸を張ってください。

 

ポイント5、余裕を作る。

精神的にも体力的にも余裕がある方が、自信はつきやすいのです。

精神的に追い込まれてしまっては、自信はつきませんし、体力に自信があっても、体力は衰えてしまうものです。

自分の体や、心の健康を守るためにも、スケジュール管理はしっかりして、余裕を作ってください。余裕があるときに運動すれば、体力への自信も失わなくて済みます。

自信を無くさないためにも、余裕が必要なのです。余裕を休息に使うのも、スキルアップに使うのも自由なんです。

余裕があるのは、日々頑張ったあかしなのです。自分を存分に褒めるためにも、余裕は絶対必要なんです。

 

日記をつけてみる

日記をつけると、自分の成長が見えてきます。それに、日記をつけていると、文章を書くことに慣れてきます。

自分の成長も目に見えて自信になって、文章を書くことも上達して、それがまた自分の自信になっていきます。

自信がなくなってきた時、日記という自分の成長記録があると、自分にはちゃんと能力もあるし、スキルアップも出来ていると安心が出来て、その安心が次の頑張りに繋がっていけるのです。

今日やったことを振り返ることで、その日やった成功体験を記録でき、読み直すことで成功体験や達成感を、思い出すことが出来るのです。それが自信になります。

 

特技を身に着ける

これだけは誰にも負けないと、思える特技を身に着けてください。

特技なんて、ないと思ってしまう人がいますが、なら好きなことを極めてみてはどうでしょうか?

どこでも眠れるというのを、特技だと思っている人もいます。何の役に立つのかわからないようなことでも、特技だと思えば特技なんです。

特技を身に着けるためにも、自分は何が好きなのか考えてみてください。好きなことなら、上達するのが楽しいはずです。

もっと上達が出来るように、目標を作るのもいいでしょう。目標を達成すれば、特技も自信も身についてくるはずです。

 

いかがでしたか?

試してみる価値のあるものを紹介してみましたが、自信を持てるヒントになったでしょうか?

自信がないなら持てばいい、特技がないなら作ればいいと、簡単そうに書いていますが、やってみたら意外と出来るものなんです。

何もしないのに、自信がない特技がない余裕がないと言っていては、何もスキルアップできません。

仕事に自信がなくても、趣味に自信があるなら、それでいいんです。それだけでも、立派な自信になります。どこでも眠れる特技だって、枕が変わると眠れない人にとっては尊敬できることです。

全部の人が、肯定してくれる特技なんてありません。ただ、自分が自分を肯定できることが大切なのです。まずは自信の字の通り、自分を信じてください。

 

まとめ

自信家になってみる?自分に自信を持つ7つの方法

  • 成功を体験する
  • 姿勢を正す
  • 自慢話をやたらとしない
  • 自分を駄目だと思わない
  • 余裕を作る
  • 日記をつけてみる
  • 特技を身に着ける