時間に余裕を持って行動すると、いい事がある7つの理由

Pocket
LINEで送る

zikanniyoyu-koudou
時間に余裕がないと、どうなると思いますか?

いつも期限ぎりぎりで、行動している人っていますよね。

時間に余裕がないと、仕事も雑になったりしてしまいます。

遅刻していないならいいと思って、周囲の人の都合を考えずに、時間を奪っているって考えた事ありますか?

余裕があるとどうなるか、どれだけ余裕が必要かを、7つに分けて説明させていただきます。

 

 

時間に余裕を持って行動すると、いい事がある7つの理由

心に余裕が出来る

時間があると、心に余裕が出来ます。早め早めの行動は、時間を作るために、とても大切です。

忙しいと、ついつい余裕がなくなって、イライラしてしまいます。

時間がないと心の余裕もないので、面倒くさい事がさらに面倒くさくなってしまうので、行動力も気力も奪われてしまいます。

そうならないためにも、時間に余裕を持って行動しなくてはいけないのです。

 

待ち合わせぎりぎりはマナー違反

遅刻していないからいいと思って、待ち合わせ時間ぎりぎりに到着するようにしていませんか。

今は、携帯電話が普及しているので連絡もすぐに取れますが、連絡が出来なかった時はどうしますか。携帯電話は、お互いが持っているから連絡が取りあえるんです。

遅刻する時は、連絡すればいいとか考えて、連絡が取れなかった場合、遅刻した事を棚に上げて、携帯電話を持っていなかった、連絡に気づかなかった事を責めてしまった事、された事はありませんか。

まず、ぎりぎりで行動することは、マナー違反と一緒です。それに、遅刻は相手の時間も奪っているんです。

人間、1人に与えられた時間は有限なんです。たかが、遅刻ではありません。

余裕のない時間の使い方は、迷惑ばかりかけているのです。

 

時は金なり

時間は、人によって価値が違います。

電車で目的地に行く方が一般的ですが、時間にはお金以上の価値があると考えて、移動をヘリコプターでする、お金持ちな人もいるのです。

眠るのが、もったいないと睡眠時間を削る人もいますし、眠る事が最高に幸せだという人もいます。

何もしていなくても、時間は過ぎていきます。その時間を、自給に換算してみて、何もしなかった時間で働いたとしたら、いくらになるかを考えてみたら、だらだらする事こそが、もったいないとわかるはずです。

少しでも時間を大切に使っていれば、それだけでお金を大切にした事と一緒なのです。

リフレッシュするために、何もしない時間も必要でしょうが、それは時間に余裕を作った自分のための、ご褒美に使ってください。

時間を使う事は、最高の贅沢でもあり、無駄でもあるのです。

それを承知して時間を使えば、余裕の作り方がわかってくるはずです。それが、お金の余裕にも繋がっていくのです。

 

余裕があると優雅に見える

時間ぎりぎりで行動している人は、慌ただしくて、うるさくて、とても優雅には見えませんよね。

お金に余裕があれば、時間が出来るし、時間に余裕があれば、心にも余裕が出来る。さらに、心に余裕があれば、お金の余裕にも繋がっていく。

この余裕の循環が、人を優雅にも見せてくれるのです。忙しくても余裕があると、出来る人に見えるのです。

何故なら、余裕があると周囲に疲れているように見えないし、実際に本人も疲れより達成感や充実感に満ちているからです。

余裕のためにまずする事は、どんな生き物にも平等に与えられている、時間の使い方を考える事からです。

余裕のある時間の使い方が、余裕の循環を作るきっかけになってくれるのです。

 

余裕があると自信になる

余裕があると、自分に自信がつきます。どんな状況でも、解決策を探し当てる視野の広さを持っているのです。

時間に余裕があると、じっくり考えたりできるので、いい仕事が出来るようになります。ですので、自信がつき、その自信が視野を広くしてくれて、失敗を少なくしてくれます。

失敗が少ないと、焦る事が少なくなります。焦らなければ、ミスも防げますし、確認もしっかり出来ます。確認が出来れば、小さなミスもさらに減っていきます。

ここで過信して、確認を怠ってしまうと、またミスをしてしまうので、この自信を持ち続ける循環を壊さないためにも、広い視野を持った確認作業は重要なのです。

 

精神的に楽になる

何故、余裕を持って行動が出来ないのか、わかりますか。それは、だらだら過ごしている事が楽だと感じてしまっているからです。

この認識を変えるためにも、時間に余裕を持って行動すると、精神的に楽であると経験してみればいいのです。

ただ、この認識を変える事は、そう簡単ではありません。だらだらしている、時間に余裕のない人が、いきなり時間に余裕を持って行動が出来る人間にはなりません。

習慣は、なかなか変えられないのです。

ですが、1度認識が変わってしまうと時間の余裕が快感になり、今までの、ぎりぎりの行動を変える事が出来ます。

まずは1分、時間に余裕を持つ事から始めましょう。行動に移せれば、必ず変わる事が出来ます。

 

集中力が発揮しやすい

時間に余裕があると、集中力を発揮しやすくなります。何故なら、余計な心配事がないからです。

例えば、時間に余裕のない人は、時間ぎりぎりの行動をしています。もしこれで、通勤通学に使っている電車が5分止まってしまったら、もうアウトですよね。

遅刻が決定して、焦らない人はなかなかいません。もう精神的な余裕は、なくなってしまいます。

これで溜めなくてもいい、ストレスを溜めてしまいます。もし、10分の余裕があれば、こんな余計な事を考えたり、ストレスが溜まったりしませんよね。電車だって、混んでいないものに乗れるかもしれません。

ストレスは、集中力の大敵です。ですので、ストレスを溜めないためにも、集中力を発揮するためにも、余裕は大切なのです。

 

いかがでしたか?

時間に余裕が出来ると、一番影響を受けるのは心です。時間の余裕は、余裕を持った心にしてくれます。

何故、遅刻が悪い事なのか教えてもらった事ってありませんよね。それは、遅刻をすると、たくさんの人が迷惑だと思うからです。たくさんの人に、ストレスを与えているからです。

待ち合わせの、待たされている時間は、ストレス以外の何物でもありません。遅刻は、人から時間を盗んでいるのです。

だから、遅刻しないように、余裕を持った早め早めの行動が大切なのです。

 

まとめ

時間に余裕を持って行動すると、いい事がある7つの理由

  • 心に余裕が出来る
  • 待ち合わせぎりぎりはマナー違反
  • 時は金なり
  • 余裕があると優雅に見える
  • 余裕があると自信になる
  • 精神的に楽になる
  • 集中力が発揮しやすい