自分に自信を持つ、簡単な5つの方法

Pocket
LINEで送る

zibun-zishinmotu
仕事など、日常において「自信がない」。そう感じる時、ありますよね。

自信を持って物事に取り組むのと、自信がないまま取り組むのとでは、気持ちも成果も違ってきます。

自信がないと、「不安」という気持ちを胸に巣食わせる事になり、精神的によくありません。

良くない精神状態では、本来普通にこなせるはずの事もこなせなくなります。

それに比べて、ある程度の自信は、自分の力を存分に発揮が出来て、活き活きとした人生を歩む事が出来るのです。

では、どうやったら自分に自信が持てるようになるのでしょうか。

ここでは、自分の自信のなさから抜け出す方法や自信をもつ方法のなかで、簡単に出来る5つをご紹介いたします。

 

 

自分に自信を持つ、簡単な5つの方法

自分を人と比べない

何かにつけて自信のない人は、自分を人と比較する傾向にあります。

「あの人はすごいなあ、自分はとてもああはいかない」
「やっぱり大学では違うなあ。自分の能力ではダメだ」
「長年やっているだけあるなあ。自分は後どれくらいで、ああなれるかなあ」
なんて劣等感を感じることありませんか?

まず、人と自分を比べることはやめましょう。やめると、劣等感により感じる自信のなさから解放されていきます。人を意識しなければ劣等感は生れないからです。

そもそも、生まれてから現在までで、経験も感じ方も全てが同じという人は絶対にいません。兄弟・例え双子でもです。

それなのに人と比べるというのは、フェアなことではないのです。フェアではないことに、劣等感を感じて自信を無くすのは人生の無駄といっても過言ではありません。

あなたはあなたなのです!自分が今出来ることに、今現在ある能力をフルに使って精一杯取り組みましょう。

能力が足らないのなら、勉強と経験を積むのです。そう、自分の向上に集中しましょう。自分に自信がない人は、まず人と比べることをやめるのが先決です。

 

失敗を「失敗経験」に入れない

自信のない人は、「自分は失敗しやすい」と思いこんでいる節があります。ささいな失敗まで、自分の「失敗経験」としてカウントしやすいのです。

基本、人間は失敗(エラー)する生き物です。それを全てカウントしていたら、それは自信をなくして当たり前です。

もし、失敗したら「勉強した」と思いましょう。「失敗」ではなく、自分の「体験」のカテゴリーに入れるのです。それにより、「失敗しやすい」という思い込みによる自信のなさから徐々に抜け出せます。

「失敗」という認識から「勉強」という認識にすり替えることで、あなたの失敗経歴が増えなくなるからです。

人間は、コンピューターではありません。エラーは当たり前。エラーをしたら即座に、「体験」として自分をプログラミングしましょう。

例えば、重要な書類を確認せずにシュレッターしてしまうというエラーをします。それに気づいたら即座に、「シュレッターの前に必ず確認」と、自分をプログラミングするのです。これが、大事な書類を処分しないために「勉強した」ということになります。

エラーしたらプログラミング。「失敗経験」にカウントする間なくこれを続けることをお勧めします。

 

小さな成功体験を認識する

「成功=大きなことを成し遂げる」というイメージを持っていませんか?

しかし、大きなことを成し遂げる過程には「小さな成功」の積み重ねが存在しています。この「小さな成功」をきちんと認識するようにしましょう。そうすると、自分は「進んでいる」と自信が持てるようになります。

今まで、認識していなかった成功を認識することで、今までと同じでも、あなたの成功体験が増えるからです。

その「進んでいる」という自信が、更に次の小さな成功を生みます。そうして、進んで行った先で「大きな成功」を掴み取るのです。

「小さな成功」を認識するためには、まず短期目標を設定します。何日までに何をするといったことを、紙に書きだしておくのです。または、スケジュール帳などに記入しておくことも効果的です。

達成したら、その行動に好きな色で○をつけていきます。

毎日、紙や手帳を開いて○を眺めて「よし! 出来ている!」「よし! 進んでいる!」と、自分の小さな成功体験を認識する癖をつけましょう。それにより、少しずつ自分に自信が持てていくようになります。

 

自分の好きなことを見つける

自分に自信が持てるかどうかは、どう生きているかに関わってきます。

1番は「好きなことを仕事にする」ですが、これは簡単とは言えません。ですから、仕事以外で好きなことを見つけましょう。そして、その世界にどっぷり浸るのです。

そうすると、仕事で自分を発揮できなくても、自分に自信を持って人生を歩んでいけます。

人は、自分の好きなことをやっていると夢中になり、生きている実感が湧くからです。「やりたいからやっている」「好きだからやっている」それこそが、あなたの生きていく自信へとつながるでしょう。

好きなことの見つけ方は簡単。とにかく興味のあることに、片端から手を出してみることです。「違う」と思ったら、すぐやめても問題ありません。お金のかかるものは、まず無料体験や格安体験などを利用しましょう。

そうしていくうちに、好きなことは見つかります。見つかるまでは、好きなことを見つける旅を楽しんでください。焦る必要はありません。その旅自体も経験となり自分への自信とつながるからです。

 

背筋を伸ばす

時に、外見に内面が映し出されることがあります。自信のなさから、いつのまにか下を向いていたり、猫背になっていたりしていませんか?

今すぐ、背筋を伸ばしましょう。顔を上げて胸を張りましょう。

そうすると、自然に気持ちもシャキッとして不思議な自信が湧いてきます。

それは、内面に外見も映るからです。背筋を伸ばした気持ちよさが内面も心地よくして、自分にやる気と活力を出させます。

それが、自分の自信につながるのです。 自信を持てない時ほど、意識して背筋を伸ばしてみましょう。

 

いかがでしたか?

一見、「簡単じゃない」と思われた方は、まずは1つでいいのでやってみて下さい。自信のない方は、最初から諦めがちなところがありますが、大丈夫! 意外にもできるものです。

5つとも、習慣づけることが大切です。実行しているとだんだん効果が出てくるので、変わっていく自分を、楽しむこともできます。

自分に自信がなく、クヨクヨしていたあなたが、自分に自信を持って、清々しい気持ちで活き活きとした人生を送れますように・・・心から願っております。

 

まとめ

自分に自信を持つ簡単な5つの方法

  • 自分を人と比べない
  • 失敗を「失敗経験」に入れない
  • 小さな成功体験を認識する
  • 自分の好きなことを見つける
  • 背筋を伸ばす