自分のやりたい事を見つける、5つの方法

Pocket
LINEで送る

zibun-yaritaikoto
自分のやりたい事が見つからなくて、深刻に悩んでいる人は、意外に多いのです。

「何が好きなのか、何がやりたいのか」がわからなくて、いくら真剣に悩んでも誰も教えることが出来ないので、さらに深刻に悩んでしまうのです。

やりたいことを見つけるために、いくら外に答えを求めても、あなたの答えはどこにもありません。

よく、「自分探しの旅」をする人もいますが、いくら外に求めてもヒントを得ることは出来ても、答えは見つからないのです。

ここでは、あなたがやりたい事を見つけるためのヒントをお伝えします。

 

 

自分のやりたい事を見つける、5つの方法

やりたい事が見つからないことに深刻にならない

やりたい事が見つからない、わからないことで悩んでもいいのです。悩むことは悪いことではありません。ただ、見つからないことに対して、深刻になる必要はありません。

他の人と比べる必要はないので、まだ見つかっていないのであれば、見つかっていない現実を認めて、必要以上に深刻にならないでください。

今は、やりたい事が見つからない人が多いのです。なぜなら、今までの時代は、やりたい事をやってはいけないような時代だったからです。

自分のやりたい事を否定されてきたので、時代が変わって、いざ見つけようとしても、逆に見つけるのが大変になってしまったのです。

 

焦らないで、気長に探す

いくら焦っても、やりたい事は見つかりません。逆に、焦らなくても簡単に見つかる場合もあります。やりたい事が見つかるタイミングというのは、人それぞれであるのです。

例えば、10代でやりたい事が見つかったとしても、10年くらいしか寿命がない場合があります。スポーツ選手というのは、幼い頃からやりたい事が見つかって、プロにまでいく人がいますが、スポーツ選手は寿命が短いのです。

やりたい事が早い時期に見つかった人は、寿命が短いので、次の人生に悩むことがあるのです。10年かけて見つかったことは、10年くらいしかもたないのです。

逆に20年、30年、40年かけて見つけたことであると、それだけの重荷があるので、残りの生涯をかけて出来ることに出会えるのです。

なので、やりたい事がわからないで、悩んでいる期間が長ければ長いほど、より大きなことと出会える可能性があるのです。

 

色々なことを体験してみる

やりたい事を見つける方法は、色々なことをやってみるしかないのです。目の前の小さなことからでいいので、体験してみるしかないのです。

体験といっても軽い気持ちで、「これかな?あれかな?」という程度の気持ちでいいのです。

体験してしっくりこなかったり、続けられなかったら、すぐにやめればいいのです。しっくりこないこと、続けられないことを無理してやる必要はないのです。それはあなたのやりたい事ではありません。

自分が本当にやりたい事というのは、理屈ではなく感じることであるので、しっくりくるし、無意識に続けられることであるのです。

 

知識や情報がヒントになる

やりたい事を見つけるために、知識や情報は必要なのですが、あくまでもやりたい事を見つけるためのヒントなのです。ヒントであるので、答えではありません。

知識や情報を求めていくときに、答えを求めていくと、情報に踊らされて、益々わからなくなってしまいます。情報に踊らされると、ノウハウコレクターになったり、必要のないものにまで手を出してしまうので、注意してください。

やりたい事を見つけるためのヒントは、インターネットに公開されている情報で十分です。本当にやりたい事が見つかってから、有料の質の高い情報を求めるようにしてください。

 

答えは自分の中にある

あなたのやりたい事の答えは、世界のどの書物にも載っていないし、世界中のどの情報にも載っていないのです。答えはあなたの中にしかないのです。

なので、他の誰かが教えてくれるはずはなく、どんなにアドバイスをされたとしても、誰もあなたの答えを知っている人はいないのです。

知識や情報、体験を通して、あなたのやりたい事が見つかっていくのですが、全てのことは、ヒントであり、材料に過ぎないので、答えをあなたの内に求めるようにしてください。

 

いかがでしたか?

「自分のやりたい事を見つける」というのは、簡単そうで簡単に見つからないのです。人によって簡単に見つかる人もいますが、どんなに必死に見つけようとしても、見つからない人は見つからないのです。

やりたい事がすぐに見つからなくてもいいので、求め続けることはしておいてください。「自分のやりたい事は何か?」と一日一回でもいいので、考える時間を一瞬だけでも持つようにしてください。

その時に、答えが見つからなくてもいいので、求め続けていれば、ある瞬間に自分で自然にわかるようになります。

 

まとめ

自分のやりたい事を見つける、5つの方法

  • やりたい事が見つからないことに悩まない
  • 焦らないで、気長に探す
  • 色々なことを体験してみる
  • 知識や情報がヒントになる
  • 答えは自分の中にある