馬が合わない!と思わない為の5つの方法

Pocket
LINEで送る

馬が合わない
「馬が合わない」とは、好みや考え方が合わなくて、付き合いにくい事を言います。

初対面から馬が合わないと、考える事はあるでしょうか。

どうしてか馬が合わないと、自分の中で嫌いな人のカテゴリーに入れてしまっていないでしょうか。

人を嫌ってしまう前に、何故そう感じてしまったのかなど、何かしらの対策を5つ紹介させていただきます。

 

 

馬が合わない!と思わない為の5つの方法

思考回路が違うと認識する

合わないのではなく、自分とは思考回路の作りや好みが違うだけだと認識して、それ以上の感情を向けないようにする事です。

好みが違うだけで、人の事を嫌いになるのは損しかありません。

人と仲良しにならなくてもいい、付き合い方なんていくらでもあります。

無理して仲良くなっても、仕事や勉強の邪魔にしかなりませんし、相手も好みが合わないとわかると、無理に接近しようとはしないはずです。

なにより、自分が合わないと感じたら、相手も合わないと思っているものです。

 

理性的になる

感情で行動すると、自分が考えない、ちょっと違う意見をすぐに否定したり、嫌悪したりしてしまいます。それでは、仕事も人間関係もうまくいきません。

理性的になって、一つの意見を聞いただけだと思えばいいのです。たくさんの意見を聞いた方が、視野も広くなります。

第一印象で嫌いになってしまったのなら、自分の視野を広くする為に、意見を絞り出させる位のつもりで、意見を聞いてもいいのではないのでしょうか。

 

相性を思い込んでいませんか

血液型などで、相手との相性を思い込んでいませんか?さらに、初対面で好き嫌いを決めていませんか?

第一印象も大切ですが、何もされていないのに、合わないと思っているのかもしれません。

無理に接近する必要はありませんが、思い込まずに周囲の評価に耳を傾ける事も、人を知る方法です。

否定的な評価を聞いたのなら、今迄通りにすればいいし、肯定的な評価なら、人との付き合い方を、ちょっと考えるチャンスにもなります。

もしかしたら、自分とは違う事が、本当に面白いと思える、新しい出会いになるかもしれません。

 

嫌いだと思い続けていませんか

好きでもない人の事を考えるなんて、時間と体力の浪費でしかありません。

そんな無駄な事を考え続けるより、仕事や好きな事を考える方が、気持ちもいい方向に進みます。

馬が合わないなんて、マイナスな悩みを抱えてしまうより、変わった人が現れたな、程度で考える事をやめにしましょう。

どうせ合わないのなら、表面上だけの付き合いで済ましてしまう方が、周囲も迷惑だとは思いません。

 

長所を探す

短所の裏返しは長所です。そう考えると、嫌いな部分が好きになれる要素にもなります。

悪い所を知っているという事は、嫌いになってしまうだけではないのです。

例えば、自分が嫌いな芸能人でも、好きだと言っているファンはたくさんいるように、誰でも人に好かれる要素が何かあります。

確かに、馬が合わない人の長所は見つけにくいものですが、一つ見つけると、その人との付き合い方も変わっていくはずです。

 

いかがでしたか?

馬が合う合わないというのは、考え方や見方を変えるだけで変わる事です。それを変えるのは、周囲ではなく、自分自身なのです。

自分自身が変われば周囲も変わります。

仲良くしなければいけない人なんていませんし、かといって嫌いにならなければいけない人も存在しません。

人間関係は、好きか嫌いかの2択しかないのは、視野が狭すぎます。合わない人と関わる事も、視野を広げる方法です。

広い視野で、物事を見れるようになれば、人間関係はもっと豊かになるでしょう。

 

まとめ

馬が合わない!と思わない為の5つの方法

  • 思考回路が違うと認識する
  • 理性的になる
  • 相性を思い込んでいませんか
  • 嫌いだと思い続けていませんか
  • 長所を探す