冷たい人と言われた。冷たい人って何なの?

Pocket
LINEで送る

tumetaihito-tenani
冷たい人とは、どんな人なのでしょうか?良く言えば、冷静な人ではないでしょうか。

人を傷つけるというイメージもあったり、カッコイイという意見もあったりします。

しかし、冷たいと言われて、嬉しい人なんていないのではないでしょうか。

むしろ、人の事を冷たいという人の方が、冷たい人間ではないでしょうか。

冷たい人とは、何なのかを7つに分けて紹介します。

 

 

冷たい人と言われた。冷たい人って何なの?

実は混乱しているだけ

冷たいと言われる人は、実は自分の事で、いっぱいいっぱいの為、何かが起こった時に、どう対処していいのかが、わからなくて混乱しているのではないでしょうか。

その為に、人を助けたり、声を掛けたりする事が出来なく、自分の中にある選択肢から、逃げるという行動しか選ぶ事が出来ずに、その結果、思いやりのない冷たい人だと思われるのです。

このタイプの人は、自分のこういう行動しかとれない所を、気にしている場合が多いのです。余裕がないのです。

しかし、何故か余裕がない事が外見に出ない為、面倒な事から逃げているだけと思われてしまうのです。

 

冷たそうに見えるだけ

冷たそうに見えるだけの、ただの無口な人という場合もあります。

世の中には、ふわふわした可愛い雰囲気の人だと思ったら、外見からは考えられない、暴言を吐く人もいますし、仕事はきっちりしているのに、プライベートはだらしない人もいます。

外見だけではわからない事、雰囲気だけでは判断出来ない事だらけなのです。

だから冷たい人も、実際は外見だけで、ちょっと突っ込んで話してみたりすると、仲良くなれる人だったという、事もあるのです。

傷つけられた事があるから、冷たい人と判断したのかと考えてみたら、真相は噂に尾ひれが付いただけだった、という事もあります。

噂にされた時点で、本当に冷たい人なのかもしれませんが、もし、その噂が嘘だったらどうしますか。その人を、冷たい人扱いした自分だって、加害者になるんです。

見えるだけの判断は、難しいものです。

 

中身がお子様

人によって、態度を変えたり、嫌いな人には、ろくに目も合わせないなど、とにかく中身がお子様で、大人としての対応が全く出来ない人も、冷たい人というカテゴリーに入ります。

自分の思い通りに動かない人には、とことん嫌な事をする、傷つけるという人は、人として欠けているのは確かです。

これは、単に冷たいとするのとは、ちょっと違いますが、性格に難があるのは確かです。

わがままで、人への接し方が雑すぎるのは、中身がお子様で、お子様のまま育ってしまったのです。

大人になろうとしない本人にも責任はありますが、そんな人間に育て上げてしまった、周囲の大人の責任もあります。

人は自分の為に存在していると、勘違いしているのです。冷たいというよりも、わがままと言う方が正しいのかもしれません。

 

自己中心的

自分だけが大事だから、周囲にも自分を大事にする事を求める人も、冷たい人ではないでしょうか。

自分が偉いと、勘違いしているのです。

ですので、自分が苦しい思いをする事、メリットがない事を、とにかく嫌っているのに、自分が困っている時は、誰も助けてくれないと身勝手に嘆く人、見て見ぬふりをする人なども、冷たい人ではないでしょうか。

自分以外の人間に、優しくする事が出来ない人なのです。自分には、甘いのです。なのに、人には甘くない。

むしろ、人の不幸を喜んでいる場合もあります。

人の不幸は蜜の味、とも言いますが、本当にそう思っている人は、冷たいを通り越して最悪ではないでしょうか。

蜜の味だと思われている人にも、何か悪い所があるのかもしれませんが、悪い事をすると、悪い事は必ず帰ってきます。

自己中心的な人の行動こそ、冷たい人間の行動ではないでしょうか。

 

人とは冷たいもの

毎日、ニュースで悲しい事件が起きても、その事件に感情移入が出来ますか?普通は出来ませんよね。

すぐに、忘れてしまいます。しかし、こんな不幸が、自分の身や身内に起こった時、忘れるなんて出来ませんよね。

これは、人間は皆冷たい部分を持っている証拠ではないでしょうか。

人とは、ある程度冷たい行動をしなければ、自分を守る事は出来ません。

どんな事件も、自分に関係ないと思わないと怖くなってしまいます。例えば、「いじめ」がそうです。

自分が被害者になりたくないから、見て見ぬふりをする。助けない事で、関わらないようにしているのです。

冷たい行動、冷たい態度は、自分を守る方法の1つにすぎないのかもしれません。

 

実はかまってほしい

冷たい態度の人には、実はかまってほしいと思っている人もいます。

ですので、仲間内とそれ以外の人間では、態度が違っている事があります。それ以外の人間は、どうでもいい存在なのです。

さらに、自分が大事だから、かまってくれる人にも甘えまくっていて、距離を置かれている事にも気が付かない、自分が大好きな人間なのです。

そして、苦労したくないから、自分から何かを企画したりはしません。それなのに、自分の考えに気づいてよと、いつも甘えています。

普通の態度で接しても、頭の中は「自分の事を全くわかってくれない酷い人」と、悲劇の主人公気取りなのです。

このタイプの人は、でも、でも、だって、が口癖のように言って、自分の非は絶対に認めません。

冷たいというより、迷惑な人なのです。自分が冷たい態度を取った事に、全く気付きません。

 

人を差別する

自分の世界の外の事には、とことん冷たい態度をとる。失礼な事を言っても許されると、人を差別している人は、まさに冷たい人です。

例えば、歩きたばこや違法駐車などを、平気でやっている人は、人として欠けている冷たい人間です。

自分さえ、よければいい人なのです。

部下や年下などには、自分は偉いから差別していいと、勘違いしていて、上司には態度を変えるなど、典型的な欠けている人間です。

問題を起こした教師などは、この差別がひどい傾向にあります。

世の中には、区別するべき事はたくさんありますが、差別していい事なんて、1つも存在しません。

それを勝手に作り上げた、自分ルールに外れているからと、冷たい態度、汚い言葉などで、気に入らない人を追い詰めていくのです。

勘違いしている、これも冷たい人の共通点です。

 

いかがでしたか?

人間が冷たい態度を取る時は、防衛本能なのかもしれません。いじめを、見て見ぬふりと言うのは、その典型ではないでしょうか。

冷たい人とは何かと考えてみると、なかなか具体的には見えてきません。しかし、冷たい態度で、人をおとしめようとする事も、冷たい行動かと言うと違う気がします。

しかし、1つだけ言えるのは、冷たい人とは、自分が大事で人助けなど、メリットのない事は絶対しませんし、自分は偉いから、好かれていると勘違いしているのです。

もし、こういう人が面と向かって、冷たい人だと言われたなら、自分は悪くないと、自分ルールの中で反省もしません。

冷たいだけの人は、人として成長しないのです。この7つ、すべて正しいのか、疑問を持っても構いません。

冷たい人は、人によって、どんな迷惑な人にも変えていくからです。

 

まとめ

冷たい人と言われた。冷たい人って何なの?

  • 実は混乱しているだけ
  • 冷たそうに見えるだけ
  • 中身がお子様
  • 自己中心的
  • 人とは冷たいもの
  • 実はかまってほしい
  • 人を差別する