人間の集中力の仕組みを知って、効率よく集中力を発揮しよう

Pocket
LINEで送る

syutyu-shikumi
会社のデスクに身を置き、こんな事を思った事はないですか?

〆切、期限がある仕事を手掛けながら、思うように仕事がはかどらない、効率よく進まない。

このような、悩みを持っている人も少なくはないでしょう。

集中力を高め、自身も成長したいと思う人が、まず覚えておかなければいけないのは、「集中力がないという人はいません!」、という事です。

では、人間の集中力を高めるのに効果的な5つの方法をお伝えします。

 

どうやったら集中力を高められるだろうか?

人間の集中力の仕組みを知って、効率よく集中力を発揮しよう

集中力が高い状態を知る

集中力が高い状態とは?それではイメージしてみましょう。

集中力が高い時には「今ここ!」目の前のことに冷静に正しい判断、対応ができる、心の状態であることです。

逆に集中力が低い時には「今ここ!」以外の対象に、心が揺れ動かされている状態であることです。

では、あなたが行うべき仕事または役割の時に、何が集中力を阻害しているのか?そこを考える必要があります。あなたが持つ思考の癖を改善してみましょう。

 

集中すべき対象の見直し、テーマは何か?

まず、意識してみることは、大前提として「集中」することに値するテーマかどうか?これを見直す事で、「集中」のレベルが変わってきます。

実際に「集中」出来ない最大の理由は、『やりたくないから!』です。人は、やりたい事を手掛けているときには、心が勝手に「集中力」を高めてくれます。では、やりたくない事をやらなければいけない時に意識すべき点は何か?

テーマの見直しです。そのテーマにとっての重要な事は何か?目的は何なのか?そこに、意識をしっかり持っていく事が大切です。

あなたが思う身近な人で、集中力が高い人とは誰ですか?その人を注意深く見てみましょう。何か気づきましたか?気づいた事はあなたが「集中」し相手を観察して出た結果です。

 

集中力と注意力

あなたは、車に乗ったら運転に「集中」しますよね!? 何故ですか?あなたが運転する車で、事故を起こさないためですよね。

事故を起こさないために、バックミラーやサイドミラーを注意してみますよね?車間距離やスピードメーター、斜線や歩行者、対向車までにも注意をはらって運転しなければ、車を安全に運転することは出来ません。

あなたは知らないうちに、色々なところに注意力をはらって運転に集中していることが、客観視することでわかりますよね。

このことで、対象物に注意することは、いわゆる「集中力」が使われている事にお気づき下さい。そして、改めてあなたが手掛ける仕事において注意する点は何か?そこにフォーカスを当ててみて下さい。次々に新たな発見があるはずです。

 

集中力は時間を計って磨く

「集中力」を鍛えるための計りとして、意識してほしいのは時間です。やはり、時間を区切っての確実な作業を行い、反復して作業を行う事で、質を高める訓練が一番体に馴染むやり方です。

作業を繰り返すことで、自分自身を注意深く見つめ直す事ができますし、自分でコントロール出来る事、自分でコントロール出来ない事の発見があります。

サラリーマン、サービスマンは、時より交通渋滞や交通機関の停止などの不可抗力な事態に遭遇しますが、そのような事態に「今ここ!」目の前で、どのような選択を行い判断するか?

日頃、注意を払い訓練した結果、最短で「集中力」を高め、決断することが出来るのです。自分でコントロール出来ない事態には、心を奪われなくてよいことが自然にわかります。

時間を意識して作業する事で「集中力」が高まりますし、逆に「集中」しないから時間が足りなくなるのです。

 

「集中力を高める」集中をする。

やはり「集中力」をつけるには、「今ここ!」だけに「集中」することです。さっきでもなく後でもなく、昨日でもなく明日でもない。

「今ここ!」に意識を集めることなのです。過去の失敗も未来への不安も関係ありません。「今ここ!」であなたが望むべき成功を遂げるための行動を起こすだけです。

そのために、一度意識を体に向けて呼吸している体を確認して下さい。そして、意識的に深呼吸を行って下さい。深呼吸は意識する呼吸ですので「集中力」をより高める効果があります。

それでは、頭の中をリラックスさせ「集中力」のスイッチを入れてみて下さい。「よしっ!集中力のレベルを上げた状態でスタートです。」時間のリミットを決め、リラックスした状態で次なる一手に取りかかって下さい。

 

いかがでしたか?

記事をお読み頂いてありがとうございます。この次に、あなたがトイレに行くのか?パソコンを閉じるのか?タバコを吸うのか?ティータイムを取るのか?ペンを取るのか?選択はあなたの自由です。

今、この瞬間に、力を心の真ん中に集めることができるような記事になっていることを、心より願っています。

 

まとめ

人間の集中力の仕組みを知って、効率よく集中力を発揮しよう。

  • 集中力が高い状態を知る
  • 集中すべき対象の見直し、テーマは何か?
  • 集中力と注意力
  • 集中力は時間を計って磨く
  • 「集中力を高める」集中をする