勝負にこだわって、人生を過ごしてみては?

Pocket
LINEで送る

syoubu-kodawaru
勝負というのは、善でも悪でもないのですが、最近は勝負をさせながら、順位をつけないようにしています。

学校の運動会では、勝負をさせながらも、順位をつけないので、かえってスッキリしないのです。

勝負に勝ったから優れている、という事ではなく、負けたから劣っている、という事ではないのです。

勝つ人もいれば、負ける人もいるのです。

人にはそれぞれ、勝負出来る分野があるので、運動が出来なくても、勉強が出来る人もいれば、勉強が出来なくても、運動が出来る人もいるのです。

ですので、それぞれの分野で、勝負にこだわる事も必要なのです。

学校では、決められた範囲での勝負しか出来ませんが、社会人になれば、あらゆる分野で勝負が出来るようになるのです。

それは、仕事でも、趣味でも、ボランティアでも勝負をする分野が無数にあるので、勝負にこだわって取り組む事も、必要なのです。

 

 

勝負にこだわって、人生を過ごしてみては?

人は勝負がないと真剣にはなれない

何も勝負する事がなく、全てに恵まれていたとしても、人生に面白味がないのです。

勝負がないという事は、何不自由なく、平和でいる事が出来るかもしれませんが、非常に「つまらない」のです。

人生を真剣に生きている人というのは、いつも勝負をしています。

それは、自分自身との勝負であったり、同じ分野の人との勝負であったりするのですが、勝負がなければ、真剣にはなれないのです。

いつも緊張状態で、余裕がないのも良くないのですが、全く緊張がないのも良くないのです。

なぜなら、人は誰でも無意識に楽をしようとするからです。極度な緊張感がないと、物事を真剣に取り組もうとは思わないのです。

ですので、どんな分野であっても、勝負する事で真剣になれるので、そこからより高いものが生み出されてくるのです。

 

善なる競争を意識する

勝負というのは、他の誰かを蹴落としたり、馬鹿にする為にするのではないのです。

同じ分野であっても、お互いに、より向上する為の善なる競争でもあるのです。

というと、綺麗事になってしまうのですが、現実は会社では「同期はライバル」、企業間では「ライバル会社」となっているので、善なる競争というよりは、いかに相手を蹴落とすか、あるいは差をつけるかの勝負をしているのです。

勝負を相手を見下す為にしていても、善なる競争にはならないのです。

善なる競争をする為には、相手の欠点や弱い所を突っつくのではなく、自分自身や自社を向上させる事だけを意識すればいいのです。

自分を向上させる人、自社を向上させる会社は、必ず見ている人がいて、見ているお客さんがいるので、自然に善なる競争の意識が出来て、勝負にも勝つ事が出来るのです。

 

一つの分野にこだわって勝負する

一人の人が、勝負の出来る分野には限りがあります。あれもこれも、勝負が出来る人はいないのです。もし、出来る人がいたら、かえって怪しいのです。

あなたが勝負の出来る分野を一つに絞って、その一つの分野にこだわって、勝負してみてください。その分野の「この部分だけは任せろ」という、一部分だけでいいのです。

例えば、野球をやるとして「バッティングだけは任せろ」「守備だけは任せろ」「盗塁だけは任せろ」と、それぞれの得意な事だけにこだわるようになると、勝負をしやすい分野で勝負が出来るので、楽しく勝負が出来るのです。

そして、一つの分野に集中する事が出来るので、より極める事が出来るようになるのです。

 

真剣にやるから面白味がある

勝負をすると、真剣になりますので、真剣にやっている人は、どんな事でも面白味があるのです。

例えば、スポーツ選手は当然ながら、勝敗をかけて真剣に取り組んでいます。適当にやって、たまたま勝てるという事はないのです。

一瞬一瞬を、真剣に取り組んでいるので、観る人に感動を与える事が出来るのです。

これは、スポーツ選手に限らず、どんな分野であっても、真剣に取り組む事が出来る人は、やっている本人も、面白味がありますし、傍から見ても面白味があるのです。

「真剣にやる」というのは、簡単そうで意外に出来ないのです。なぜなら、人は手を抜く事をいつも無意識に考えているからです。

得意な分野で、一つの分野を真剣に取り組んでみる事で、面白味のある人になる事が出来るのです。

何でもいいので、一つの分野にこだわって真剣に取り組んでみてください。

 

人生は毎瞬間が勝負

「人生は毎瞬間が勝負」というと、息が詰まるようにも思えるのですが、出来る限り「今の瞬間」を意識して、「今、出来る事は何か」と、考える事も必要なのです。

気を抜く時は、思い切り抜いて、勝負する時は真剣に集中するという、メリハリも必要です。

ただ、何をするにしても「今の瞬間」というのを、出来る限りでもいいので、意識してみてください。

ふと立ち止まって、「今何をしているのか?」という時間も必要なのです。

 

いかがでしたか?

人間だけが、勝負にこだわっているのです。他の動物は、天敵がいたとしても、勝負にこだわる事はないのです。

冒頭でも申し上げたように、勝負というのは善でも悪でもないのです。

勝負をする事で、新しいものが生み出される事があったり、新しい記録が出たりするので、勝負をする事で、人の可能性を伸ばす事も出来るのです。

勝負にこだわって、より充実がある人生を過ごすのも、幸せな生き方になります。

 

まとめ

勝負にこだわって、人生を過ごしてみては?

  • 勝負がないと真剣にはなれない
  • 善なる競争を意識する
  • 一つの分野にこだわって勝負する
  • 真剣にやるから面白味がある
  • 人生は毎瞬間が勝負