辛抱強く続けると、うまくいく確率が上がる5つの理由

Pocket
LINEで送る

shinboutuyoku-tudukeru

何事も辛抱強く継続していれば、物事はう上手くいくようになっているのです。

上手くいく確率を上げるためには、「辛抱強く、継続する」という事は、誰でも知っているのです。

理屈では知っているのですが、それが出来ないから悩むのです。

少数ではあっても、継続して成功した人はいるのです。

そのような人は、辛抱強かったのでしょうか?

辛抱もあったかもしれませんが、人はそんなに強くはないので、辛抱だけでどうにかなるものでもないのです。

誰でも、上手くいく確率を上げたい願望は持っているので、誰でもその確率を上げられる、考え方と方法をお伝えします。

 

 

辛抱強く続けると、うまくいく確率が上がる5つの理由

辛抱強くだけでは限界がくるので、習慣化を目指していく

「辛抱強く」という、理屈は単純で格好はいいのですが、人はそんなに強くはないのです。「意志が弱くて、すぐに挫折してしまう」ということは、悪い事ではありません。普通の人は弱いのです。

辛抱強くだけでは、必ず限界が来ますので、「習慣化」を目指していくのです。

習慣になった事は、無意識に出来るようになるので、意志も、気合も、根性も必要なく続ける事が出来るのです。

 

始める時に一気にやらない

習慣化するためには、最初は小さな行動から始めることです。

最初から、一気にやろうとすると、3日と続かなくなるのです。

たとえば、英語の教材を購入して、最初は嬉しくて、テンションが上がっているので、何時間でも勉強が出来そうに思うのですが、最初に1時間も勉強をしてしまうと、次の日、その次の日と続かなくなります。

今まで何もしてこなかった人が、いきなり1時間も勉強をすると、3日も出来ないのです。

ですので最初は、5分、10分くらいから始めるのです。5分、10分であれば、毎日継続する事は難しくないのです。

まずは、その継続を3週間(21日間)、続けてください。この期間の目標は、勉強をして覚える事が目標ではなく、「習慣化」する事を目標にしてください。

3週間続ける事出来れば、無意識に勉強の習慣が出来ているので、その後は多少無理をしても、挫折する事なく、継続する事が出来るようになります。

 

毎日やっている人には敵わない

毎日、小さな行動でもしている人には、敵わないのです。その行動が小さくても、意味がないような事でも、毎日続けている人は、うまくいく確率が高いのです。

ただ辛抱強くだけでは、継続は出来ないので、やはり習慣化が必要なのです。

多くの人は、行動を一時的に決めたり、場合によっては、期間を決めて行動しようとするのですが、うまくいく人というのは、毎日続ける人なのです。

最初から10年単位、いや20年、いや30年、いや生涯というプランで考えている人もいるのです。

毎日、小さな行動でも生涯プランで考える事が出来れば、うまくいかない事はないのです。

誰でも、短期間で上手くいく事を願います。ただ、上手くいくためには、できる限り長期で考える事が必要なのです。長期で考える事が出来れば、上手くいく期間が短縮されるのです。

長期で考えた場合、辛抱強くだけでは無理なのです。ですので、習慣化を目指して、長期で行動が続けられるようにしていくのです。

 

一つの事だけを光らせる

習慣化が出来るようになったら、一つの事だけを徹底的にやって、「光らせる」事を考えてください。

上手くいく確率を上げるためには、あれもこれも手を出さないで、一つの事に集中するのです。一つの事を光らせる事が出来れば、そこから各方面に展開する事が出来るのです。

多くの人は、一つの事に集中出来ないで、あれこれに手を出して、中途半端になってしまうのですが、物事というのは、一気に効率よくは出来ないのです。

千里の道も一歩からなのです。着実に、一歩一歩進む事が出来れば、結果として上手くいくようになるのです。

 

意味がない事でも疑わない

目の前の事を一生懸命にやっていて、「これは意味がないのでは」と、疑う思いが出てくる事があります。

一見、意味がないような事でも、習慣化していけば、光らせる事が出来るので、そこから上手くいく確率が上がっていくのです。

辛抱強くというのは、習慣化されたあとに必要なのです。

特に目の前の事に意味を感じないと、継続する事は問題ないのですが、疑う気持ちに葛藤する事があるのです。

ここで、「上手くいく事を信じる」という、辛抱が必要なのです。

疑う気持ちになっても、習慣化が出来ていれば、多少の辛抱強さがあれば、難なく続ける事が出来るのです。

 

いかがでしたか? 

多くの人は、「辛抱強く」という事を、新しく始める事に使ってしまうのですが、最初に気合や根性を入れて、辛抱する事に力を入れてしまうと、何をやっても続かないので、結局、何も出来なくなってしまうのです。

最初に目指すのは、「習慣化」です。習慣化が出来るようになれば、多少無理をしても途中で嫌にならないで、投げ出す事もないのです。

まずは、小さな事からでもいいので、習慣化を目指してみてください。

 

まとめ

辛抱強く続けると、うまくいく確率が上がる、5つの理由

  • 辛抱強くでは限界がくるので、習慣化を目指していく
  • 毎日やっている人には敵わない
  • 一つのことだけを光らせる
  • 意味がないことでも疑わない
  • 始めるときに一気にやらない