散歩の時の服装をおしゃれにして、気分をHappyにしよう

Pocket
LINEで送る

sanpo-osyare
皆さん、運動していますか?

体に良いとはいっても、なかなか、そんな時間、取れないよという声が聞こえてきそうですが、特に1日、デスクワークで動かない職業の方には、運動はとても大事なものになってきます。

ちょっとだけ早起きをしたり、通勤の時、1つ前の駅で降りたり、休日に大きな公園へ散歩に出かけたり、そんな時間を、少し作ってみませんか?

今回は、歩く事のメリットと、そして、その時におしゃれをすると、心にどう変化があるかを書いていきたいと思います。

 

 

散歩の時の服装をおしゃれにして、気分をHappyにしよう

代謝がUPする

ウォーキングをすることで、筋肉がつきます。そうすると、普段の生活で使われる「基礎代謝」が上がることにつながります。

基礎代謝とは、生きていくために最低限必要な、生命活動に使われるエネルギーのことです。

1日の総消費エネルギー=基礎代謝(約70%)+生活活動代謝(約30%)となります。

基礎代謝の中で、最もエネルギー消費が多いのは筋肉です。筋肉を鍛えて筋肉量を増やすことで基礎代謝量が増え、太りにくく痩せやすい身体になります。逆に筋肉が少なく脂肪が多いと、基礎代謝量が少ないので痩せにくい身体になります。

ピシっと背筋を伸ばして、少し早足でキビキビ歩くと筋力が付きやすく効果的です。

 

血行が良くなる

血行が悪いと、末端の細胞まで酸素や栄養素が届かず、老廃物もたまったままになってしまいます。

細胞の代謝が進まないため、血管が詰まりがちになり、その部分の温度が下がってしまいます。これがいわゆる冷え性と呼ばれるものです。

ほかにも、肌の乾燥やくすみ、頭痛、肩こり、目の下のくまなどのトラブルのほとんどは、血行が悪いことが原因であることが多いものです。

そこで、ウォーキングをしましょう。ウォーキングは、有酸素運動の中で比較的負荷が少ないですが、全身運動になるので、血流改善にはとても効果があると思います。

少し歩くと、冬でも身体がポカポカ来ると思います。これは、全身の血の巡りが良くなったからです。

様々な不調に悩まされている方。不調だからとおとなしくしているより、少し歩いてみると意外と体調が良くなるかもしれません。

血行が良くなると酸素・栄養素が隅々まで届けられますし、乳酸がすみやかに除去されるので、肩こりなど筋肉のコリ解消にも効果があるからです。

 

脳が活性化される

ウォーキングでは、下半身に多い遅筋をよく動かすことになります。遅筋は、身体のバランスや動きをコントロールする、多くの神経とつながっているので、歩くことにより脳は活性化されると言われています。

そして、運動して体中の筋肉を動かすことによって、脳へ流れる血液の量が増え、活発になります。それに普段なら、足早に通り過ぎる見慣れた家の周り景色も、時間的余裕があれば、楽しみながら歩くことができます。

見慣れたと思っていた景色の中にも新しい発見があり、ゆっくりと変わる風景に色んなことを思ったり、風や気温を感じたりするという刺激をたくさん受けることになります。そのことも脳を活性化させることとなるのです。

 

朝のウォーキングで前向きになる

早朝の清々しい空気を吸いながらのウォーキングは、とても気持ちがいいものです。歩くと脳が活性化するというのは上に書きましたが、朝のウォーキングでは前向きな気持ちになることが出来ます。

それは、朝の光と一定のリズム運動を5分以上持続させると、やる気に必要な様々なホルモンの働きを助ける、「セロトニン」という脳内物質が分泌されるからです。

セロトニンは精神を安定させたり、姿勢を保つ抗重力筋などの筋肉を刺激したりする働きがあります。

夜、悩んでいると、どうしても悲観的に考えてしまいがちです。そんな時は、考えるのをやめて一旦眠った後、少し早起きして散歩に出かけてみましょう。

歩いているうちに、ぐるぐると悩んでいたものの答えが、なんらかの形でふっと降りてくるかもしれません。

京都には哲学者、西田幾多郎が思案しながら歩いた事から付けられた。「哲学の道」という観光スポットがあります。歩きながら思考するというのは、理にかなっているのかもしれません。

 

散歩におしゃれをプラス

おしゃれには、外見的に他者に対して自分をより魅力的にアピールするという対外的な効果がありますが、その一方、自分の心へも多大な作用があります。

何かを始める時、形から入る人がいますが、形から入ることはやる気を起こすことに繋がるのでとても大事です。

その服装をすることでやる気が出ます。おしゃれがばっちり決まった時は、自信がついて、いつもより背筋をピシッと伸ばして歩くことができます。

その、心に作用する効果をウォーキングに取り入れてみましょう。自分の好きなウェアや靴を着ることによって、気分が乗らないとサボってしまいそうになる時でも、その服を見てモチベーションがUPして、3日坊主を回避できるかもしれません。

そして、おしゃれをすることによって気分も上がるので、楽しく散歩することができると思います。

 

いかがでしたか?

歩くことの大切さを書いてきましたが、よし明日から歩こう!と急に始めることは出来ますが、そこから続けていくのは難しいと思います。

最初はモチベーションが高いので、やりすぎるくらいやってしまいますが、そのうち段々とまぁいいかとなってしまうのが普通です。

毎日続けるには、行動のハードルを下げるのが重要だそうです。まず毎朝歩きたいなら、起きたらお気に入りのウェアに着替えて外に出る。これを目標にしてみてください。

いつの間にか習慣化して、毎日歩いている自分がいるかもしれません。

 

まとめ

散歩の時の服装をおしゃれにして、気分をHappyにしよう

  • 代謝がUPする
  • 血行が良くなる
  • 脳が活性化される
  • 朝のウォーキングで前向きになる
  • 散歩におしゃれをプラス