楽観的な性格を手に入れる、簡単な5つの心得

Pocket
LINEで送る

rakkanteki-seikaku
あなたは慎重派ですか?それとも楽観派ですか?

目の前の選択に際し、石橋をたたいてもなかなか渡らない!つい考えすぎてしまい、時間だけが経過していく!という方いませんか?

危機管理能力を高めるため、最悪の事態を想定し、リスクを考え、失敗を未然に防ぐ事は大切です。

しかしこの考え方は、悲観的になりやすく、行動を制限し、ご自分の可能性を狭めてしまう恐れがあるのです。

無駄な事は、悩んでも仕方ないですから、楽観的な考え方も身に付けておく事は重要です。

本日は、楽観的な性格を手に入れる、簡単な5つの心得をご紹介します。

 

 

楽観的な性格を手に入れる、簡単な5つの心得

周りと比較しない

考えすぎる性格の人は、常に他人と比較するという考え方のクセがあります。

楽観的な性格を手に入れたい!と思う人は、まず他人と比較することをやめましょう。他人は自分と育った環境が違うので、比較すること自体ナンセンスです。

楽観的な人は、他人と争っても無意味だということを、無意識に理解しています。だから、常に一定の精神状態を維持することができ、自分のペースで目標を達成できるのです。

競争社会に身を置く私達にとって、ただでさえ自分のペースを維持することは困難です。

まずは、他人と比較するのを止め、劣等感を取り除き、楽観的に考えることで、ご自分の本来の能力を発揮し、安定的に成長していきませんか?

 

考え続けない

考えすぎる性格の人は、考えても答えが出ない状況下でも、悩み続けます。

無駄な悩みに時間を使うのであれば、何も考えずに放置してみましょう!自分を追い込み、ストレスを溜める時間を何か楽しいことにあててみましょう!

楽観的な人は無理に悩まず、気持ちの切り替えが早いため、ある日突然、何らかの答えが浮かぶことが多々あるのです。

悩む時間を楽しむ時間に変え、考え過ぎない!をまずは実践してみませんか?

 

人を許す

考えすぎる性格の人は、他人にも自分にも厳しい人です。

あなたは、周りが思い通りに動かないと腹を立てた経験ありませんか?まずは、自他ともに「許す」という行為を意識してみてください。

楽観的な人は、何事にも寛容で、無意識に「許す」という行為を数多く実践しています。「許す」ことができる人は、周りから信頼されやすいし、視野を広く持つことができます。

自他共に失敗を許し、「これからどうするか」について考えるようにしてみましょう!そうすれば、失敗しても落ち込むことが無いし、適度に休んでリフレッシュするという名案も浮かびやすくなるのです。

まずは、自他ともに「許す」という行為を意識することから始めませんか?

 

長期的に考える

考えすぎる性格の人は、目先のことに一喜一憂する傾向にあります。

楽観的な性格を手に入れるコツは、長期的な視野を持つことです。自分が目指す目標が明確であれば、自分の軸がしっかりしているため、小さな失敗にクヨクヨすることはありません。

常に長期的な目標を意識するように心がけてみましょう!

年単位の目標を先に決め、それを細分化すれば今やるべきことが見えてきます。そして、失敗しても軌道修正すれば良い!と気楽に考え、余計なことで落ち込むのは止めましょう。

長期的な視野で、自分の軸がしっかり持ち、楽観的に歩んでいきませんか?

 

他人に頼る

考えすぎる性格の人は、すべて無理に自分でやろうとしてしまいます。まずは、自分ができないことを、他人に任せることから始めましょう!

楽観的な人は、周りと協力するのが上手で、自分が得意なことだけに労力を使うため、大きな結果を出すことができます。

他人を頼り、お互いの得意分野を活かし合うのです。そうすれば、ストレスも溜まらず、考えすぎずに済むのです。

まずは、周りの人間を信頼し、任せてみることから始めませんか?

 

いかがでしたか?

本日は、考えすぎる性格の人へ、楽観的な性格を手に入れる、簡単な5つの心得をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

「井の中の蛙大海を知らず」ということわざが示すように、社会人の年数を経れば経るほど、私達は自分の固定概念に囚われてしまいます。

学ぶという気持ちをいつまでも大切に、自分とは真逆な性格の人の考え方も積極的に取り入れ、ご自身の成長につなげて頂けたら幸いです。

 

まとめ

楽観的な性格を手に入れる、簡単な5つの心得

  • 周りと比較しない
  • 考え続けない
  • 人を許す
  • 長期的に考える
  • 他人に頼る