プライドを捨ててみよう!するとこんな5つのメリットが

Pocket
LINEで送る

プライドを捨てる
ついつい、プライドが邪魔をして素直になれなかったり、見栄を張ってしまったり、さらには、他人の幸せを妬んでしまったり。

そんな自分に気づいて、思い悩んではいませんか?

高すぎるプライドは、逆に自分の世界を狭めて窮屈にしてしまうものです。

怖くて自分のプライドを捨てられないあなたのために、プライドを捨てることのメリットをお教えします。

 

 

プライドを捨ててみよう!するとこんな5つのメリットが

新しい世界に気づくことができる

自分のプライドに固執していると、“こうあるべきだ!”という、頑固で偏った、一方向の視点で物事を測ってしまいがちです。

プライドを捨てて、自分だけの窮屈な世界から一歩踏み出してみると、多面的なモノの見方が出来るようになります。

自分以外のもの、つまり自分にとって、異質なものを寄せ付けない頑固さが解消されて、多くのことを受け入れられるようになり、今まで思いつかなかったような、斬新で柔軟なアイディアがひらめくかもしれません。

自分の殻に閉じこもっていては、せっかくのひらめきの機会が与えられていても、盲目であると同然です。

プライドという障壁を壊すと、日々の生活に埋もれている、ひらめきの材料に“気づく”アンテナが磨かれ、思わぬ革新的な発想を生み出す可能性が高まるのです。

 

寛容になれる

プライドを捨てるということは、自分の弱さを受け入れるということです。

私たちは、自分の弱さを認められないと、他人の中に自分と同じ弱さ、つまり欠点を見出してしまい、それから目を背けたいがために、周囲にたいして攻撃的になったり拒否してしまいます。

自分の弱さと向き合って、きちんと受け入れることが出来るようになると、周囲への攻撃的な気持ちが解消され、寛容に物事を受け止められるので、周りの人たちを拒否するように築いていた自分の壁がなくなって、人間関係もスムーズになるでしょう。

 

肩の荷が降りる

プライドは、“自分はこうでなくてはいけない”という、制限を自分に課してしまいます。

それは、自分の行動や思考を偏らせて窮屈にし、常に完璧な自分でいるために、見栄を張り続けなくてはいけなくなります。

周囲の期待や自分の理想のために、頑張って自分を演じていると、繕うことの疲労から、周囲の様子に過敏になってしまいます。

「自分の方がこんなに頑張っているのに、どうしてあの人が評価されるのだろう!」といった、嫉妬や妬みのような、負の感情を生み出したりします。

プライドを捨てると、周囲の目を気にして必死で繕っていた、自分の理想像を演じなくてよくなるのです。

自然体で、自分に正直に生きられるようになると、あらゆる負の感情から解放されて、心から楽しく、自由に過ごせるようになります。

 

周りのことに感謝できる

プライドにしがみついて、それに縛られていると、周りのこと全てが、自分を脅かすもののように思えてしまいます。

自分ひとりが頑張っている気分になり、そんな惨めな自分を守ろうと、周囲に高圧的な態度をとってしまったり、他人と比べて劣っていると感じることを恐れるが故に、他人を寄せ付けない雰囲気を出してしまうのです。

プライドを捨てて、自分の足りないところを受け入れられると、激しい競争心は消え、人の長所を素直に評価が出来るようになります。

自分の足りない部分が、周りの人の助けによって支えられていることに気づいて、感謝の気持ちを持つことが出来るでしょう。

 

強くなれる

弱さを含めて、自分の本来の姿と対峙することを恐れて自分から逃げていると、見かけには無理に強がってしまって、ストレスを感じるし、だんだんと心が狭く卑屈になってしまいます。

自分ときちんと向き合って、「強みも弱みも全部含めて自分なんだ」と、思えるようになると、それはしっかりとした自分のベースになります。

土台がしっかりとして安定していれば、長所はさらに伸ばし、短所は克服していこうとする、前向きで強いエネルギーが生まれ、どんどん成長していくことが出来るのです。

プライドを捨てるということは、自分自身と徹底的に向き合って、ダメなところも含めて、等身大の自分を受け入れるということです。

自分が傷つかないようにと築いたプライドを崩すことは、とても勇気が必要で、時に苦痛が伴うでしょう。

ですが、その苦痛を乗り越えたあなたは、今の何倍も強く、たくましく成長が出来るはずです。

自分を見つめた時に、自分の弱さに情けなくなっても絶望しないでください。

弱さを認めることが出来るということほど、強いことはありません。その苦痛に耐えた自分を、正当に評価してあげてください。

一度、自分の弱さを認めてさらけ出してしまえば、最初は恥ずかしくて辛くても、見栄を張る必要がなくなって、驚くほど開放的で前向きに過ごすことが出来るでしょう。

 

いかがでしたか?

プライドを捨てることは、大変な覚悟のいることです。自分を守る城壁から飛び出す、という事だからです。

確かに、世の中は苦しい事が多くありますが、それと共に、多くのチャンスと喜びが広がっていることを忘れないでください。

傷つくことは怖くありません。多くの傷を負って、様々な困難を乗り越えた分だけ、強くたくましくなれるのです。

プライドという壁を取り払って、より好機に溢れ、のびのびとした、人間らしい人生を送りましょう。

 

まとめ

プライドを捨ててみよう!するとこんな5つのメリットが。

  • 新しい世界に気づくことができる
  • 寛容になれる
  • 肩の荷が降りる
  • 周りのことに感謝できる
  • 強くなれる