思いやりの気持ちは、やっぱり大切な5つの理由

Pocket
LINEで送る

思いやりの気持ち
思いやりとは何でしょうか。

それは、人それぞれ違うものであり、簡単に説明すると、人の心情や身の上に気を遣うことです。

これは何に対しても、とても大切な事です。

それは誰もがわかっていることでしょうが、自分の行いを考えてみて、思いやりが足りなかったと後悔する人もたくさんいます。

思いやりの気持ちの大切さを5つと、その理由を説明させていただきます。

 

 

思いやりの気持ちは、やっぱり大切な5つの理由

自分のことを考えることが出来ます

思いやりの原点は自分を知ることです。自分のことを知ることになれば他人を思いやることが出来るようになります。何故なら自分を大切に出来る人でないと他人を大切に出来ないからです。

自分を知らなければ自分を大切に出来ません。自分をよく知り、相手に思いやりを持てるようになれば、相手のことも考えられるようになります。

 

人生を見直すチャンスです

誰かを思いやるとき、それを行動に移す前に自分は何をして貰ったら本当に嬉しいかを考えるでしょう。自分がして貰った思いやりを考えて自分がしてきたこと、して貰ったことを考えて自分はおせっかいや自己満足をしていたかもしれないと考えてしまうでしょう。これが人生を見直すチャンスなのです。

思いやりだと思って人を傷つけたことがあるかもしれないと落ち込むかもしれません。しかしそう考えて反省することが出来るこのチャンスを無駄にしないためにもしっかり見直し、思いやりの行動に移しましょう。

 

相手のことを真剣に考えます

思いやりとは相手の立場になって考えるものです。友達や恋人など、大切にしたい人のことを真剣に考えることが出来ます。自分がして貰ったことは他人も嬉しいはずだなど、普段はそこまで考えていなかったことが真剣に考えるようになるのです。

考えすぎて落ち込むこともあると思います。しかしそうなったら反省して考え直せばいいのです。反省が終わればワンランク上の思いやりが出来るようになります。気づいた失敗を無駄にはせずに真剣に考えることが出来ます。

 

孤独にはなりません

思いやりのある人は人の内面までしっかり考えて行動する人です。なので人が離れていったりはしません。何故なら内面をわかってくれている人とはとても必要とされる傾向にある、つまりは理解者の事なのです。思いやりを普段から気を付けている人は人の心の変化を理解でき、人は自分を理解してくれる人の周りに集まります。

しかし自分にも思いやりを持たないといつか疲れ切ってしまいます。自分を理解者だと認識した人はよっぽどの事でもない限り離れていきません。あまりべったりと必要とされるのなら、ちょっと距離を置いて見守ることも一つの思いやりなのです。

 

心が満たされます

思いやりのある人は心が満たされています。その満たされて心からあふれる人を思う気持ちが思いやりなのです。決して自己犠牲などではありません。人に思いやりを求める人は思いやりがありません。人を頼りにしてばかりの人は成長できません。

そういう人といることは疲れてしまいます。そういう時はなんでもいいのでリフレッシュしてください。思いやりが出来る人になるためには自分の心が満たされている状態が必要です。それにはまず、自分を回復する方法を知ることが必要なのです。

 

いかがでしたか?

自分のことを考えるのは決して悪いことではありません。自分がされて嫌だったことやしてしまって後悔していることを考えて、それを人にはしないように行動することが思いやりの気持ちになる準備なのです。

今までのことに罪悪感を持っているのなら、それは思いやりの気持ちのある証拠です。思いやりの気持ちは誰にでも備わっていますがその気持ちをうまく行動に移せる人と苦手な人がいるだけで、決して才能などではありません。

そして行動に善悪の区別をつけてしまうのは相手の価値観によります。全ての人間に感謝される行動などありません。自分の仲間と共に信頼できる関係を作るだけで生活は充実されていきます。

 

まとめ

思いやりの気持ちは、やっぱり大切な5つの理由

  • 自分のことを考えることが出来ます
  • 人生を見直すチャンスです
  • 相手のことを真剣に考えます
  • 孤独にはなりません
  • 心が満たされます