訛りはどこまで許されるのか、考えてみた

Pocket
LINEで送る

namari-dokomade
訛りというのは、小さい頃からの環境で出来上がったものであるので、そう簡単に抜け出れるものではありません。

ただ、訛りに良いも悪いもないので、訛りを気にし過ぎるのも良くないのです。

田舎から都会に上京すると、訛りで悩む人もいるのですが、都会に集まっている人のほとんどは、地方や田舎から上京して来た人であるので、最初は訛りがあった人たちなのです。

ですので、訛りがあったとしても、大して気にしてはいないのです。それよりは、早く環境に慣れることの方が大切で、環境に慣れていけば、訛りも自然になくなっていきます。

 

 

訛りはどこまで許されるのか、考えてみた

大事な商談の場合に訛りに気をつける

訛りに良し悪しはないのですが、敢えて気を付ける場合があるとしたら、大事な商談のときくらいです。

ただ、いくら大事な商談だとしても、過度に気をつける必要はありません。

訛りがあったから、商談が上手くいかないということはないし、標準語を使ったからといって、上手くいくとも限らないのです。

訛りがある人、あるいは、まだ抜けれない人が気配りで、標準語を使うというのは、好印象を与えられることもあります。

問題は、多少の訛りがあったとしても、どのように、わかりやすく伝えるかだけなのです。

大事な商談であったとしても、訛りを意識しすぎると、伝わりにくくなるので逆効果になります。

 

訛りで安心感を与えることができる

訛りというのは、柔らかい印象があるので、安心感を与えることが出来ます。

訛りがある人は、その訛りを気にする人がいるのですが、全くの標準語で通っているところからみたら、とても安心感があるのです。

上京して、訛りが気になるのは本人だけで、他の人は大して気にしていないのです。

地方や田舎から上京するというのは、当たり前なので、訛りを気にしている人というのは、ほとんどいないのです。

訛りがあることで、人情味があるので好印象を与えることも出来、弱みではなく、強みにすることさえも出来るようになります。

 

標準語と訛りを使い分ける

上京したばかりのときは、訛りから抜けられないのですが、訛りと標準語を使い分けることで、好印象を与えることが出来ます。

多少のイントネーションの違いは仕方がないのですが、公の場や個人的な商談の場合と、日常会話でたいして気を使わない場合に、標準語と訛りを使い分けてもいいのです。

使い分けることで、訛りによって余計なストレスを感じなくなるので、気を使うときと気を抜くときを分けることも必要です。

人は周りの環境の影響を受けやすいのです。どんな田舎にいたとしても、どんな訛りがあったとしても、標準語の環境にいれば、自然に溶け込んでいくのです。

最初から上手く使い分けることは簡単ではないのですが、少しだけでも意識するだけで、自分の訛りも気にならなくなるし、標準語での会話も楽しむことが出来るようになります。

 

相手に伝わればいい

一番重要なことは、訛りだろうが標準語だろうが、相手に話しの内容が伝わればいいのです。

訛りだから、伝わらないということはないし、標準語でも伝わりにくいときがあるのです。

田舎や地方に住んだことがない人は、訛りというのに実感がないのですが、何となくでもニュアンスは理解できます。多少聞きにくいニュアンスがあったとしても、全く伝わらないということはないのです。

もちろん、全く聞いたことがないような方言はありますが、標準語に近い訛りであれば、伝わらないことはまずないのです。

 

必要以上に気にする必要はない

田舎や地方から上京する人たちは、訛りを気にする人もいるのですが、都会の人は大して、いや、ほとんど気にしていません。

逆に新鮮に感じる人もいるのです。

基本、人は他の人に興味はないので、相手が訛っていても気にしていないのです。なので、自分は訛っていると気になっていても、気にしているのは自分だけということです。

田舎や地方から上京したばかりの人は、必要以上に気にしないで、堂々と訛っていても大丈夫です。

上京して長かったとしても、訛りが抜けない人もいるし、その訛りを強みにして、好印象を与えたり、忘れられない特徴を与えることも出来るのです。

 

いかがでしたか?

今は、グローバル時代であるので、海外とも自由に交流できる時代です。

なので、国内であっても、田舎、都会という差別は、ほとんどないのです。もし、未だ国内で差別があったとしたら、それこそ時代遅れであるということです。

訛りというのも同じで、子供の頃は、からかったりすることはありますが、大人になって、訛りをからかう人はまずいないのです。

言葉というのは、相手に伝えるためにあります。なので、訛りがあっても相手に伝わればいいのです。

伝えることが出来れば、訛りであっても、特に問題はありません。

 

まとめ

訛りはどこまで許されるのか、考えてみた

  • 大事な商談の場合に訛り気をつける
  • 訛りで安心感を与えることができる
  • 標準語と訛りを使い分ける
  • 相手に伝わればいい
  • 必要以上に気にする必要はない