メガネで印象を変える、5つのテクニック

Pocket
LINEで送る

megane-insyou
メガネというと、近視なり老眼なり、目の悪い方が掛けるイメージですよね。

でも、メガネは目が悪い人はもちろん、目が良い人でも、又どの世代の人でも使える、「自分の印象を変えることが出来る」アイテムです。

印象が変われば、気持ちも変わります。

気分転換も兼ねて、是非メガネを楽しんでみませんか?

ここでは、そんなメガネで印象を変えるテクニックをお伝えいたします。

 

 

メガネで印象を変える、5つのテクニック

2面性を出す

人は誰でも、内に2面性を持っているものですよね。メガネを使って、その2面性を表現してみるのはいかがでしょうか?

そうすると気分が変わって、普段は内に隠れている部分を表現できます。普段かけている方は、いつもとは全く違うタイプの物を選んでみましょう。

例えば、メタルフレームの方はプラスチックフレームの物にする。シルバー・黒・茶系などシンプルな色の方は、赤系・青系などカラフルにしてみるなどです。

目のいい人や、普段はコンタクトの人は、メガネをかけるだけで印象が変わります。

普段の自分を少し分析してみて、内気な方は明るい色や大きな形のもので印象を強く、明るい方は黒やシルバーの小さ目の物で印象を知的に魅せるなどがおすすめです。

時に、もう1人の自分を表に出すと、普段は見えていないものも見えてきます。でも、内なる自分のことを表に出してみるのは、勇気がいるし、なかなか難しいですよね。

そこで、メガネの力を使って、もう1人の自分に印象を変えてみるのです。そして、外に繰り出してみてはいかがでしょうか?

そうすると、いつもの自分ではない、内なる自分による言動で、心地よい良い刺激を体感することができます。

 

何種類か持つ

メガネをファッションの1部として、洋服と一緒にコーディネートすると、印象がガラリと変わります。衣服を選ぶときは、通常3カラーまでがオシャレだと言われています。

ですから、普段茶色のメガネをかけている方が、青いGパンに黒のTシャツ、白いパーカーにすると、メガネを入れると4色になってしまいますよね。ここでメガネを、青か白にすると全体的に3色に収まり爽やかになります。

このように、メガネも何種類か持って、洋服のコーディネートの一部にしてしまえば、自分の選んだコーディネートに合った、印象に変えることができます。

そうすると、周りもオシャレなあなたに好感をもちます。

 

サングラスに挑戦してみる

人は時に、自分の本心を見せたくなくなる時や、人からの視線が気になるときがありますよね。そんなときは是非、サングラスに挑戦してみてください。

自分の目線も見せずに済みますし、他者からの目線も気になりません。今日の自分は1人の気分。

そんな時にサングラスを活用すると、他者を寄せ付けない印象で自分の世界を楽しむことができます。

いつも、独りでいたくなるのは問題ですが、たまにはサングラスで1人を満喫するのもいいですよね。

 

芸能人に似せる

メガネを選ぶときに、好きな芸能人やファッション的に憧れている芸能人に似せて選ぶと、初めて会う方や接点の薄い方に覚えてもらいやすいです。

「あ、この人、芸能人の○○に雰囲気似ている」と印象付けると、相手もあなたに溶け込みやすくなります。

何もかも似せるのは良いとは言えませんが、メガネを似せるのは相手に自分を印象付ける手段として使えます。

 

デスクワークの方向け!度数も変える

パソコンや読書に最適な視力は、0.6くらいと言われています。しかし、外出するには少々不便な視力ですね。

お勧めは、パソコンや読書の時は、シルバーや黒でデザインはシャープなもの。インテリな雰囲気で、出来る人間を印象付ければ、自分も出来る人間としてモチベーションが上がる上に、周囲からも頼りがいがあるように見られます。

そして外出するときは、少なくても0.8以上の視力が不自由がありません。外用の度数のメガネのフレームは、パソコンや読書の時とはガラリと印象を変えましょう。

スーツ系なら、そんなにカラフルなものはお勧めできませんが、例えば同じシルバーや黒でも、メタルやチタンではなくて、太めのデザインのものや、レンズの形や大きさを変えるだけで、印象はガラリと変えられます。

また、プライベートでしたら、出来る風・インテリ風は捨てて、カジュアルな雰囲気にしてみると、自分も周りもONとOFFの切り替えができて、OFFのときの開放感を満喫できます。

 

いかがでしたか?

メガネで印象を変えるテクニックと言えば、顔の形から分析する方法や、性格から分析する方法もあります。もちろん、それもテクニックとして素晴らしいものです。

でも今回は、メガネで印象を変えることによる、メリットやモチベーションに焦点を当ててご紹介させていただきました。

メガネは顔の一部です。普段の自分から内なる自分、または、もっと違う自分。そしてなりたい自分。気分や目的によって印象を変えていくのに、とても有効的なアイテムです。

みなさまも是非、メガネを活用して生活の楽しみの1つにしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

メガネで印象を変える、5つのテクニック

  • 2面性を出す
  • 何種類か持つ
  • サングラスに挑戦してみる
  • 芸能人に似せる
  • デスクワークの方向け! 度数も変える