男性が喜ぶプレゼント、6パターン

Pocket
LINEで送る

男性が喜ぶプレゼント
同性へのプレゼントは比較的選びやすいですが、女性から男性へのプレゼントとなると悩むものです。

男性との関係性もありますし、彼氏・旦那様など好みがわかっていても難しいと思います。

特に、男性はこだわりがある人も多く、かと言って何が欲しい?と聞いたとき、返ってくる言葉は「何でもいい」だったりすると、どうしようと悩みは深くなるばかりです。

そこで今回は、女性が男性へプレゼントを贈る際に「ハズレなし」なプレゼントを紹介していきます。

 

 

男性が喜ぶプレゼント、6パターン

食べ物系

美味しいものは食べた時幸せ気分にさせてくれます。食べ物は好き嫌いがあるので、事前にリサーチするか、あまりに特殊なものは避けるようにしましょう。お酒が飲める人だったらワインや焼酎など、いつも飲み会で何を飲んでいるかリサーチしておき、それをプレゼントする。もしくは店員さんに予算を言ってアドバイスをもらうといいと思います。

甘い物好きな男性には、今話題となっているスイーツを贈るのもいいと思います。そして、男性がテンションが上がるのはお肉。普段食べないようなブランド牛の詰合せのプレゼントはとっても喜ばれると思います。

 

自分では気を使わない日用品

普段使っているものをグレードUPさせてプレゼントするのもいいと思います。ホテルで使われているような、ふかふかなタオルをプレゼントするのはどうでしょう?「ラルフローレン」など、有名ブランドのものでも5000円以内で購入できます。他にはルームウェアなどもいいと思います。

洋服の場合デザインや大きさ、好みがあるためプレゼントするのには向いてないですが、ルームウェアならばサイズも選びやすいですし、洋服ほどのこだわりもないと思います。家の中ではジャージという男性にも、ルームウェアならではのリラックス感に、喜んでもらえるでしょう。

 

ビジネスシーンで使う服飾品

男性にとって職場は人生において、大部分の時間を使う大事な場所です。身に付けるものや持ち物ひとつにも気を使い、「こだわり」を使いたいものです。服装にも自分の個性やトレンドを取り入れ、できる男を演出したい人には「靴下」「シャツ」「ネクタイ」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

靴下などはデザインも豊富ですし、抗菌タイプや保温するものなど色んな機能がついたものが出ているので、詰合せてプレゼントするのに最適です。

 

オーダーメイドの物

男性はカスタマイズなど、「自分だけ」のものに強く惹かれるものです。最近ではネットですぐに、カスタマイズできる商品が増えているので、簡単に自分だけのオリジナルのものを、贈ることが出来ると思います。今回はおススメのサービスを3つ紹介したいと思います。

スニーカー(NIKE iD)
スポーツメーカー「NIKE」のオーダーメイドサービスです。プレゼントする側はスニーカーの種類を選ぶだけで、サイズ、色の組み合わせなどは贈られた側で選ぶことができ、オリジナルスニーカーを作ることが出来るのです。

イニシャル入りハンカチ(H TOKYO)
値段的にも物的にも、ちょっとしたプレゼントに最適なハンカチ。しかしイニシャルなどを刺繍してもらえば世界でひとつだけのオーダーメイドの物に早変わりします。普段使うものを少しおしゃれに。

腕時計(Knot)
男性にプレゼントするのに人気なのは「腕時計」日本製の「Knot(ノット)」というブランドは、サイト上でフェイスとベルトを別々に選ぶことができ、組み合わせの数は500種類にもなります。他の男性とかぶることはないですし、オーダーなのに1万円台から購入できるのでプレゼントにぴったりです。

 

ビジネスシーンに応じたグッズ

仕事で使う文房具を少しグレードUPしてみるのはいかがでしょうか?いつも使うボールペンなどを、贈ってみるのもいいと思います。他、スタイリッシュなデスクライトや容量大でセンスのいいUSBメモリ。携帯スタンドや領収書などの整理ケースや名刺フォルダー。PC用のメガネなど、なくても困らないけどあると便利というアイテムは喜ばれると思います。名刺フォルダーと整理フォルダーを同じテイストで統一して贈るなどすると、デスク周りもスッキリしますし、

 

金券・チケット系

「もう何を贈っていいかわからない!」という場合は、物にこだわらず相手が好きに使える金券などを贈るのもひとつの手です。
商品券や図書券は、値段も500円や1000円単位で購入できるので、予算に合わせて選びやすいのがポイントです。有効期限も基本的には設定されていないので、もらった方も使いやすいでしょう。

商品券や図書券ではあまりに味気ないと思う方には、プレゼントする相手が普段いかないような高級レストランのお食事券などはいかがでしょうか?これなら、味気無さもなくなりますし相手も素敵な思い出というプレゼントを受け取ることが出来ると思います。

 

いかがでしたか?

プレゼントを選ぶのは相手の事を思ってワクワクすると同時に、気に入って貰えなかったらどうしよう?という不安が付きまとうものです。

しかし、プレゼントを贈りたいと思った気持ち。相手の事を思って色々悩んだ気持ちはちゃんと受け取ってもらえると思うので、色々悩むのも楽しんでみてはいかがですか?

 

まとめ

男性が喜ぶプレゼント、6パターン

  • 食べ物系
  • 自分では気を使わない日用品
  • ビジネスシーンで使う服飾品
  • オーダーメイドの物
  • ビジネスシーンに応じたグッズ
  • 金券・チケット系