マメな人になれる、簡単な7つの心得

Pocket
LINEで送る

mamena-hito
マメな人に憧れた事ってありませんか?

何故そこまで気を遣えるのか、何故そんなに気が利くのか、何故しつこいと思われないのか?疑問に思ってしまうくらい、気遣いが上手い人っていますよね。

そんな、マメな人になる為にはどうしたらいいのか。

何かコツがあるのかなど、マメな人に少しでも近づけるような、簡単な7つの心得を紹介させていただきます。

 

 

マメな人になれる、簡単な7つの心得

空気が読める

マメな人は、空気が読めるのです。マメな人に限らず、空気が読める人というのは、とても大切な存在です。

空気が読めても、何をしたらいいのかわからなくて、行動が出来ないというのは、空気が読めるという特技を放棄していて、とても勿体ないのではないでしょうか。

マメな人は、空気が読めて、何をするべきかわかっていて、さらにそれを行動に移せる人なのです。

行動に移すには、勇気がいりますし、何をするべきかわかるためには、周囲を見る必要があります。

つまり、周囲を見る力、理解する力、それを発揮する勇気の、3つがそろって空気の読める、マメな人なのです。

 

動体視力が必要

動体視力、動くものを見分ける目の事ですが、人の些細な行動で、何をしようとしているのかを見分ける事が出来れば、その人の望む手助けが出来るのです。

例えば、少女漫画のワンシーンのように、棚の一番上の本が取りたいのに届かないヒロインに、本を取ってあげるなども、周囲の人を良く見ているから出来る事です。

つまり、どういう親切の仕方がその人にとって、おせっかいにならないかを考えるためにも、動体視力で些細な行動を見分けるのです。

動体視力なんて、スポーツだけだと思われるかもしれませんが、気が利く人は人の事を良く見ています。

 

下心が少ない

完全にないとは言えませんが、マメな人は真面目で、誠実で、真心のある人の事なので、下心があまりありません。

人に良く思われたいから、気を遣っているわけではありません。

自分がどう行動すれば、人間関係がどう変わるのかなどに、悩む事だってあります。

しかし、悩むより行動するのです。いくら祈ったって、人助けになりませんし、何回祈っても、自分を変える事も出来ません。

頭を使ったら、行動する。何が人助けになるのか考え、実行するのです。

誰にとって、何が手助けになるのかを、広い視野で観察する事が実行を早くするのです。

人からの評価なんて、気にしていられません。人に良く思われたいと、余計な事を考えていると、しつこい人と思われるだけです。

 

礼儀正しい

マメな人は、何かをして貰ったら、ちゃんと感謝します。

どんな人になりたいかに関わらず、礼儀正しい事は大切な心得です。

人に、ありがとうと言われなくても、自分は人に、ありがとうが言える人間になってください。

挨拶も出来ない人は、どんなに気が利く事をしても誰にも評価されないし、誰にも感謝されません。

そんな人が、どんなにマメな人の行動を真似しても、マメな人にはなれません。

何故なら、礼儀がなっていない、挨拶もちゃんとしないという事は、真心も誠実さも感じられないからです。

挨拶をするというのは、礼儀正しい人間になる為に、絶対に必要な事なのです。

自分は気の利く人間になりたいと思っても、人が求める行動をする事なんて出来ません。

感謝が出来ない人は、感謝されません。

 

メールの返信は早く

もし、モテたいからマメな人になりたいと考えているのなら、メールの返信を早くする事から始めてみてはどうでしょうか。

恋愛に限らず、仕事でも携帯電話やスマートフォンが普及している現代では、メールでのやり取りが頻繁です。

緊急の連絡すら電話ではなく、メールでしてくる人もいるくらいです。

ですので、空いた時間にちょっとメールが来ているかの確認を欠かさないで、メールが来ていたら返信を早くする方が、好感的でもあります。

しかし、メールチェックのやりすぎや、一方的にメールを送りすぎる事はNGです。

しつこい人だと思われますし、作業に集中していないと思われるし、実際気にしすぎてしまうものです。

お昼休みに、ちょっと確認して、簡単でいいので返信する。それだけでいいんです。

 

メモを取る

メモを取る癖をつけてください。頭の中にメモを取れるのが理想ですが、メモを取った事は、全て頭に入れなくてはいけない事です。

仕事や恋愛などに関わらず、大事な事は覚えておく為にも、メモを取ってください。書いて暗記するのは基本です。

大事な事を覚えている事は、マメな人には当然の事なのです。

人の事を良く見ている、よく覚えているから、気の利いた行動が出来るようになるのです。

メモを取るだけでなく、覚えるのです。

 

人には人のペースがある

マメな人は、人をサポートするのが得意です。何故なら、その人のペースを知っているからです。出来る範囲の事が、わかっているのです。

そうなる為には、人のペースがある事を理解してください。理解する為にも、ちょっとした事に、気が付くようになってください。

人を観察するのです。観察して理解するのですが、要領の悪い人の観察は、どうしても初めは、イライラしてしまうと思います。

ですので、ストレスを少なくする為にも、人には人のやり方、ペースやリズムがあるのだと、心に留めておいてください。

 

いかがでしたか?

7つ書かせていただきましたが、結局必要なものは、観察する目と、記憶する脳と、行動に移す体なのです。

人の事を考えてあげられる余裕も必要ですが、それは、この3つがある程度、出来るようになってからでいいのです。

マメな人だって、成長しないと人の事までは、やってられません。誰だって、いきなり変わる事は出来ません。

だから、少しずつでもいいので、成長していくのです。成長が出来ない人間なんていません。

変わりたい、こうなりたいと思ったら、それが変わっていく為のスイッチです。

スイッチを押して、行動に移してください。変わりたいと思えば、変われるのです。

 

まとめ

マメな人になれる、簡単な7つの心得

  • 空気が読める
  • 動体視力が必要
  • 下心が少ない
  • 礼儀正しい
  • メールの返信は早く
  • メモを取る
  • 人には人のペースがある