気分転換をする、簡単な5つの方法

Pocket
LINEで送る

kibun-tenkan
社会人のみなさんは毎日、会社での仕事・家庭での生活・プライベートなどで忙しく、仕事がうまくいかない、家庭内のコミュニケーション不足、プライベートに充実感がないなど、悩み・落ち込む要素たくさんありますよね?

みなさんは落ち込んだとき、ご自分なりに気分転換する良い方法ありますか?

いつまでも落ち込んでいる人と、すぐにプラスに切り替えて前に進める人とでは、悩む時間の分だけ差が付き、ますます置いて行かれる傾向にあります。

落ち込みぐせがあり、落ち込む時間が長く、「気分転換の方法がわからない?」というみなさんに、本日は「気分転換をする、簡単な5つの方法」をお伝えします。

是非、日常生活に取り入れ・お役立て頂き、前向きでアクティブな社会人生活を送って頂ければ幸いです。

 

 

気分転換をする、簡単な5つの方法

冷水で顔を洗ってみよう

始めにみなさんにひとつ、大切なことをお伝えします。落ち込みぐせのある人は「感じたとおり考える」という、くせを持っています。

また「感じる」ときに、過去の失敗体験と結び付ける傾向にあるため、マイナス思考を呼び込みやすく、結果落ち込みやすく、連鎖しやすく、落ち込み時間も長いのです。

では、どうすれば落ち込み時間を短くできるのでしょうか?ご自分なりの気分転換方法を、身に付けてみてはいかがでしょうか?

いきなり落ち込まないようにするのは難しいので、落ち込みぐせのある自分を、まずはありのまま認め・受け入れ、気分転換により、落ち込む時間を短くすることから始めてみるのです。

効果的な方法として「冷水で顔を洗う」があります。落ち込んでいる状況は、機械に例えるとオーバーヒート状態です。頭で考え過ぎて、顔全体が熱を持ち、思考停止状態におちいっているのです。

まずは、落ち込みぐせの患部である顔(頭)を冷やし、心身ともにリフレッシュし、気分転換した・清清しい気持ちで・冷静に対処してみませんか?

 

好きな音楽を聞いてみよう

落ち込んだときに、手っ取り早く気分転換する方法として、「好きな音楽を聞く」があります。

ここで、みなさんにひとつ大切なことをお伝えします。「同質の原理」という言葉を知っていますか?

簡単に説明すると、ご自分の気分やテンポに合った音楽を聴くことで、精神的に良い方向に導くという心理学の「音楽療法」なのです。

つまり、ひどく落ち込んでいるときには、明るい音楽ではなく、暗い音楽を聴いた方が、自分の気持ちを代弁してもらっているという「安心感」が芽生え、心の傷を早く回復させ、落ち込み状態から脱出できるのです。

おすすめは、気分の落ち込み具合に応じて、常日頃から癒しになる音楽を、3曲くらい事前に用意してみてはいかがでしょうか?

 

友人に話しをしてみよう

落ち込んでいるときは、悩みを自分の内に秘め、誰にも話さずためこみ、自ら負のスパイラルに迷いこんでいる傾向にあります。

この落ち込み状況を打破するのに有効な気分転換方法として、日常生活で自分とは違う、会社・家庭事情の方・プライベートで気心の知れた友人に、話しを聞いてもらうことをおすすめします。

自分と違う環境下に身を置き、自分のことをわかってくれているからこそ、親身になって話しを聞いてくれ、率直に自分にはない、新たな考え方を伝えてくれるので、落ち込みの原因の把握と解決のヒントになります。

また、何よりためこんでいた事を話すことにより、気分がすっきりするという、リフレッシュ効果(気分転換)が得られるのです。

ご自分ひとりで抱え込まず、勇気を出して信頼できる人に相談してみませんか?

 

ウォーキングしてみよう

落ち込んでいるときは、その悩みのことばかり考え続け、思考回路がフル稼働状態で、解決に向けた新たな選択肢を得られず、八方塞がりになっている傾向にあります。

この八方塞がりの状況を打破するのに有効な気分転換方法として、ウォーキング(散歩)をすることをおすすめします。

散歩は、ほどよい運動効果を得られるとともに、空や自然の緑を眺めることで、ある種の娯楽の効果も期待できるのです。

特に、5感を意識して散歩すると、自律神経が安定に向かい、とても効果的です。

一心不乱に悩み続けていると、自ずと自律神経が乱れてパフォーマンスが落ちやすくなります。この乱れを整えることを意識することで、身体的にも精神的にも大きなリフレッシュ効果を得られるのです。

まずは、お気に入りの散歩コースを探すことから、始めてみませんか?

 

お風呂に入り・マッサージをしてみよう

悩んでいる状態が長く続けば続くほど、自律神経の乱れから体温が低下し、血流が悪くなり、脳・心身ともに能力が大幅にダウンします。

この状態で一生懸命、解決策を考えても、良いアイデアは浮かびません。まずは、心身ともに正常な状態に戻すために、気分転換として、お風呂に入り・マッサージをしてみましょう。

この方法には、お湯に浸かることによる体温上昇の効果はもちろんのこと、マッサージによる血行促進効果、ゆっくり呼吸することによりリラックスでき、自律神経を整える効果も期待できるのです。

また、リラックスすることにより、一度頭の中を空っぽにすることができ、新たな解決策が浮かび易い状況を、自ら作り出すことができるのです。

一度、頭を空っぽにリセットするため、お風呂に入り、リラックスすることから、始めてみませんか?

 

いかがでしたか?

本日は「気分転換をする、簡単な5つの方法」をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

特に、落ち込みぐせがあり、落ち込む時間が長い方にはお役に立てたのではないでしょうか?

まずは、ご自身で自分は「落ち込みぐせがある人間」なんだ!という事実を、認め・受け入れることが大事です。

その上で「ご自分に合った気分転換方法」を身に付け、落ち込む時間を徐々に短くしていくことで、落ち込んでもすぐに立ち直れる自分を目指してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

気分転換をする、簡単な5つの方法

  • 冷水で顔を洗ってみよう
  • 好きな音楽を聞いてみよう
  • 友人に話しをしてみよう
  • ウォーキングしてみよう
  • お風呂に入り・マッサージをしてみよう