感情的な人との付き合い方6つの方法

Pocket
LINEで送る

kanzyouteki-tukiau
感情的な人と付き合うには、コツがいると思います。

感情的な人と話し合いなど行った時、感情的な人は、沸き起こった感情に振り回されて、冷静・論理的に話す事が出来ないだけでなく、問題の焦点がずれたり、堂々巡りを繰り返して、話が終らないという事もあります。

そんな厄介な人とは、距離を置くのが一番ですが、仕事関係となるとそうもいきません。

感情的になり易い人を見極め、ある程度の距離を置くか、下記の対処法で乗り切りましょう。

 

 

感情的な人との付き合い方6つの方法

感情的な人の特徴とは?

まずは、感情的な人とは?を考えてみました。

論理よりもすぐ行動に移す
物事を考えるよりも、すぐに行動に移してしまいます。

感情的な人は、論理よりも感情を優先してしまうため、考えるよりも先に行動に移してしまうのです。

自尊心が高くて頑固
自尊心が高く、頑固な面があります。

このタイプの人は、自分に自信を強く持っているため、自分が否定されるような事があると、自尊心を傷つけられたと考え、その相手に攻撃的になります。

周りの事に気が配れる
周りに気が配れる人というと長所ですが、周りの人が求めている事や、周りの人の感じている事に、非常に敏感で人情味にあふれているという事です。

こういう人が感情的になるのは、周りから頼りにされ易いので、色々頼まれる事が多くなりがちです。

あまりに多くの事を抱え過ぎて、キャパを超える事があり、思わぬ事に怒りだしたり落ち込んだりする事になります。

 

ある程度話を聞き流す

感情的な人と付き合う時には、ある程度は、その人の話を聞き流したり、行動に目をつぶったりする事が必要です。

感情優先で動くため、時と場合によっては、過激な言動やびっくりするような行動に出る時もあると思いますが、そういった時に、思わず慌てて、その言動を止めようと思っても非常に大変です。

仮にあなたが注意しても、その注意を理解しないどころか、自分を否定されたと感じて、攻撃の矛先があなたに向かってくるかもしれません。

そうなると、とても厄介です。

世の中には色々な人がいるので、「この人はこういう人なんだ」と、ある意味、達観した心で見守り、あまり過剰に反応しないようにする事が大事です。

何か騒ぎを起こしていても、心の中で「またやっているな(また言ってるな)」と思っていれば、そういう言葉や行動に振り回される事もないでしょう。

 

少し距離を置いて接する

感情的な人とうまく付き合うためには、出来れば少し距離を置いて接するのが一番楽だと思います。

いくら相手が、自分に好意を示してくれても、関係が濃くなっていくにつれて、疲れてしまって、うまく付き合う事が出来なくなると思います。

感情的な所があるとしても、その人なりに良い所もあります。

たまには一緒に、食事に行ったりするのもいいと思いますが、しかしそれが頻繁になると、どうしても甘えなどから感情的に衝突する事が多くなってしまうでしょう。

感情的な人からお誘いがあっても、あまり新密度が濃くならないように、適度に距離を置いて接するようにしましょう。

 

感情的にならない

感情的な人とうまく付き合っていくには、相手につられて感情的になってはいけません。

感情的な人は、精神的にも起伏が激しいため、時と場合によっては、理不尽ともいえる激しい感情をぶつけてくる事もあると思います。

そういう時、思わずつられて、こちらも感情的になってしまうと、収拾がつかなくなってしまいます。

いくら相手が大声を出して、威嚇して来たり、感情をむき出し色々と文句をつけてきても、決してつられないことです。

そのためには、一旦聞き流して、深呼吸し相手をしっかり観察すると自分は冷静になれます。

一歩引いて、現状を認識するようにしてもいいでしょう。

感情を上手にコントロール出来ずに、振り回されているのが良くわかると思います。

相手が落ち着くのを待ち、その後、話しをするようにする事が、一番早く収まる方法です。

 

できるだけ複数で付き合うようにする

感情的な人とうまく付き合っていくためには、自分一人で相手をしない、という事が必要になってきます。

自分一人でその人と接していると、相手の関心や感情も、すべて自分に向いてしまい、マイナスの時には、全部自分に向くことになってしまいます。ですので、できるだけ一対一で向き合わず、複数で接するようにしてみましょう。

そうすると、相手の感情・関心が、すべて自分に向かう事がなく、他の人にも分散する事で、自分一人で抱え込む事がなくなります。

また、感情が爆発した時も一人で対応しなくてすむというのは、とても心強いものです。

何人かいれば、一緒にその人を抑える事が出来るかもしれません。

振り回されて、くたびれてしまう前に、上手に他の人と一緒に接するようにしましょう。

 

どこかで相手を肯定する

感情的な人とうまく付き合っていくためには、相手の事を肯定していると、伝える事がとても大事になってきます。

感情がコントロール出来ない人は、心のバランスが不安定なために、感情に振り回されてしまう場合があるからです。

そして、それは誰に指摘されなくても、本当は自分の心の底ではよく分かっているのです。

自分の精神的なバランスが悪いという事、そして実は周囲に迷惑をかけているのでは・・・と、実際わかっているのに、うまく出来ない不器用な人と言えます。

抱え込んでいる不安を、少しでも解消してあげると安定する場合があります。

ただ、あまり深入りしすぎると、依存される可能性もあるので、そのさじ加減がむずかしいのですが。

相手の「いいところ」を、さりげなく言葉の端々で伝えてあげましょう。

その言葉で、相手は自分を認めてもらえている、という事を感じる事が出来、心が満たされたり、気持ちが落ち着く事が出来るのです。

こういった、メンタルの不安定な部分をフォローしてあげるという事も、重要なポイントになってきます。

 

いかがでしたか?

感情的な人と対峙する時、一番疲れるのは、感情をぶつけられた事により、自分が感情に振り回されてしまう事だと思います。

理不尽な怒りに対する怒りや悲しみ。

話が伝わらない、イライラで落ち込むなどです。

自分がしっかり冷静に対処する事が出来たら、感情的な人相手でも、大丈夫になるのではないでしょうか。

 

まとめ

感情的な人との付き合い方6つの方法

  • 感情的な人の特徴とは?
  • ある程度話を聞き流す
  • 少し距離を置いて接する
  • 感情的にならない
  • できるだけ複数で付き合うようにする
  • どこかで相手を肯定する