人付き合いが嫌いなら、嫌いなままでもいいんじゃない?

Pocket
LINEで送る

hitotukiai-kirai
どうしても人付き合いが嫌いな人、苦手な人はたくさんいます。

それを悩んでいる人もたくさんいますが、人付き合いが嫌いな事って、何かデメリットがあるのでしょうか。

自分で選んで人付き合いをしないのに、人付き合いを強要する権利なんて誰にもありません。

嫌いな事や苦手な事を克服するかどうかは、自分自身で決めるものです。

克服しなくてもいいのなら、嫌いでもいいんです。

 

 

人付き合いが嫌いなら、嫌いなままでもいいんじゃない?

嫌いなことは悪いことではない

例えば、何の接点もないのに嫌いな芸能人っていますよね。

その芸能人を、好きになれと言われてもどうしようもありませんし、何故好きにならなくてはいけないのか、意味が分かりませんよね?それと一緒です。

嫌いなものを好きになれと強要されても困りますし、だからと言って、嫌いな理由を説明するのも疲れてしまいます。

わざわざ疲れてしまうだけなのに、人と一緒にいて楽しいはずがありません。

嫌いなだけで危害を加えようとしているわけではないので、人との付き合い方も自分が出来る範囲だけでも構わないんです。

 

迷惑はかけていない

一人を好んでいるだけなら、誰にも迷惑はかけていないはずです。

むしろ、人付き合いが嫌いなことを克服しようとしていた時に、周囲から迷惑を掛けられた経験があるのではないでしょうか。

嫌な思いをしたくないというのは当たり前なことです。嫌な思いが待っているのに、人付き合いを続けるメリットがあるのでしょうか。

損得で付き合う人を選ぶものではありませんが、楽しくもない付き合いを続けるのは疲労しかありません。

人付き合いが嫌いでも迷惑をかけていないのなら、苦労して嫌いを克服する必要はありません。

 

最低限でかまわない

集団行動をしなくてはいけない時もありますが、ルールを守っていたり義務を果たしているのなら、誰にも文句を言われる筋合いはありません。

むしろ、それで文句を言ってくるような人の方に、何の権利があるというのでしょうか。

やるべきことをないがしろにしていないのなら、誰も文句は言えないはずです。

最低限やるべきことさえやっていれば、自分のプライベートを嫌いなことに使う必要はありません。

義務を果たしていれば、プライベートを楽しむ権利が発生するはずです。最低限やるべきことはやる。それでいいんです。

 

楽な方を選べばいい

人付き合いが嫌いでも、完全に断つことはできません。どうしても、参加しなければいけないことは必ずあります。

それなら、少しでも楽な方に行っていいのです。選択できるのなら、楽な方を選択してかまいません。

周囲だって、人付き合いが嫌いな自分のことを、付き合いが悪い人程度には理解しているはずです。

人付き合いから完全に逃げられなくても、楽な方へ避難すればいいのです。

嫌いなことから逃げたいと思うのは、当たり前なことです。それを逃げずにいるのですから、避難するくらいしたって罰は当たりません。

 

自分の個性

人付き合いが嫌いなことも個性です。個性を無理に直すなんて、よっぽどのことでもない限り、やらなくてもいいことです。

確かに、嫌いなものは少ない方が何かと便利ですが、無理に直しても直るものではありません。無理している分、直ることもないでしょう。

個性を直すなんて、よっぽどの覚悟が必要です。個性や癖を直すか決めるのは自分自身です。

人付き合いが嫌いなことを直す必要性を感じないのなら、そのままだっていいはずです。

 

無理することはない

無理して友達に見えるように行動している人って、実はたくさんいます。女子に多い、トイレ友達やお弁当友達です。

これは、一人だと思われたくないプライドがあって成り立っている友達ごっこです。陰では悪口を言っていることも、少なくありません。

こんな人間関係って面倒くさいし、嫌ですよね。人間の裏の顔を知っていると、どうしても人付き合いが嫌いになってしまうはずです。

でも、人付き合いが嫌いでも、友達がいないわけではないはずです。

無理して、大人数と友達ごっこをするよりも、少人数でいいので、気の合う仲間といる方が無理もしていないし楽しいはずです。無理は体にも心にも悪影響です。

 

過度のストレスは病の元

社会に出ると、社交的になることを求められます。でも、人付き合いが嫌いな人に、この圧力はストレスにしかなりませんし、そのストレスは病気になります。

自分を変えなきゃいけないと思わせるほどの圧力があっても、一人でいることを笑われても、人付き合いをしろと言う圧力から逃げることを決めたら、すごく楽になります。

ストレスを避けて生きていても、社会はストレスだらけですし、人に付き合って病気になるなんて、ものすごく損なことです。

病気にならないための努力は、健康でいるための努力と同じです。

健康でいるための努力が人付き合いを避けることなら、それは仕方ないことではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

人付き合いが嫌いでも構わない理由を7つ書きましたが、人付き合いが嫌いな自分のことを、肯定できるきっかけになったでしょうか。

逃げることは悪いことではありません。これは、自分を危険から守る為に避難しているだけなんです。避難しなければ、ストレスで病気になったり、死んでしまったりすることもあります。

どうしても、人付き合いが嫌いなことは否定的に扱われますが、健康でい続けるための努力を認めない社会の方が、おかしいのではないでしょうか。

人との関係は切れるものではありませんが、人とどういう付き合い方をするのかは自分次第です。

自分は間違っていないと信じることが出来れば、出来る範囲のことをすればいいんです。

 

まとめ

人付き合いが嫌いなら、嫌いなままでもいいんじゃない?

  • 嫌いなことは悪いことではない
  • 迷惑はかけていない
  • 最低限でかまわない
  • 楽な方を選べばいい
  • 自分の個性
  • 無理することはない
  • 過度のストレスは病の元