頑固な性格を直したい、簡単な5つの方法

Pocket
LINEで送る

頑固な性格
頑固な性格というと、周りから敬遠されることが多いです。

「頑固」を辞書で引くと、「かたくなで、なかなか自分の態度や考えを改めようとしないこと。また、そのさま。「―な職人」「―おやじ」」と出てきて、あまりいい印象はないです。

それはやはり、一般的なコミュニケーションをする場合に、自分の意見に固執してしまって、調和が取れなくなってしまうという事があります。

例えば、ネット検索で「頑固」を検索してみると、色々なページが表示されますが、頑固な人には、どのように対応をしていいのか、というようなものもあり、世の中は頑固な人には、腫れ物に触るような状況と言えます。

これはやはり、頑固な人とやりとりをしていると、円滑なコミュニケーションが出来ない、話が前に進まないといったような、マイナスな効果が発生することで、結局周りが頑固な人に対して敬遠するという事になってしまっているようです。

では、この頑固な人というのは、どういうことなのかということを、もう少し深堀りをしてみようと思います。そもそも、どうして頑固な性格になるんでしょうか。

 

 

頑固な性格を直したい、簡単な5つの方法

頑固な人の傾向と言うのは

・判断基準が自分の思い通りであるかどうか
・人の話に耳を傾けない
・自分のイメージを壊すこと恐れている

ということを、リストップすることが出来ます。

こういうことで、頑固な人は、自分勝手であるとか、わがままであるという見方を周囲からされてしまうことで、結局孤立を深めてしまう、というのが一般社会における極端に頑固な人の状況だと思います。

そういう頑固な性格を治すには、どうしたらいいのかということですけれども、一つは自分が頑固であるということを認識していない人がいます。

こちらは最悪のパターンで、周りはその人のことを頑固だと思っているにもかかわらず、本人が頑固であるということがわかっていない人には、残念ながら周囲がその人に対してわかるまで指摘するしかないですね。

ただ、指摘されている方は感情を害しますから、結局人間関係がめちゃめちゃになります。

ですので、自分が頑固であるということを認識していない人を改善するというのは、まず頑固を治すというのは難しいと言わざるを得ません。

ところが、自分は頑固だということを認識している人、こういう人は改善の余地があります。

何故ならば、頑固であるということを意識している人は、自分が頑固だということで、自分や周囲を不快にさせているということを十分認識しているからです。

 

自分が間違っているのではないかと疑ってみる

会議などで、意見がまとまらない時というのは、結局相手が自分の意見や考えなどに同意をしてくれない、ということをあげることが出来ます。

こういうことが起きた場合には、自分が間違っているのではないかと疑って見ることも重要なことです。

つまり、自分の考えが正しいのかもしれませんが、もしかしたら間違っているかもしれません。

ただ、意見がまとまらないということは、相手があなたの意見に対して同意をしてくれないということですから、一歩譲って自分の考えに間違いがあるのかもしれないと、冷静に振り返ってみることがとても重要です。

 

自分がどんな結果を望んでいるのか考えてみる

自分の考えに対して執着することで、それがどういう結果になるかということを、冷静に考えてみたらどうでしょうか。

それが客観的に振り返った時に、もたらされる結果が良い結果をもたらすのかどうか。

正しいと思ったことが、結果的に良い結果をもたらさないのであれば、それは本当に正しいことなのか。

そういうことを、自分の中で考えてみるという習慣をつけることも、とても大事なことです。

 

相手の考えを無理やり変えようとしてないか

相手の考えを、無理やり変えようとしている事自体が、まず間違いであるということを知りましょう。

これは、相手の考えを変えようとしているということは、あくまでも相手があるだけで、自分はどうしたいのかという本質が見えていないからです。

例えば、相手が嘘つきだから正直な事を言わせたいと、もしあなたが思っているのであれば、問題の本質は、あなたはただ本当のことを知りたい、ということを達成するのが実際の課題になりますので、それは自分がコントロールするべきものであって、相手にすべて原因があるというわけではありません。

ここで重要なのは、意見が合わないから相手を批判するのではなくて、自分の目的を達成するために、いかに自分をコントロールするかということです。

 

相手の意見に耳を傾けてみる

人間は、一度固定観念を持ってしまうと、なかなか変えるのは難しいです。

それは、自分が正しいと思ったことが、実際に正しかったという経験則から、そのようになることがよくあります。

もちろん、あなたは正しかったから、そういう考えに至ったわけですが、そういう時だからこそ、敢えて相手の意見を聞いてみて、大事なことは自分への気づきを認識することなんです。

もちろん、相手よりもあなたのほうが正しいことが多いかもしれません。

でも、少しでも自己への気付きというスキルを高めておけば、時には自分が間違っているということに、気がつくかもしないということです。

頑固な人は、自分が間違っていないということが前提ですから、そう考えると自分が間違っているかもしれないという、気付きの扉を開けられるようにするということも、とても重要なことだと思います。

 

いかがでしたか?

結局、心や視野が狭い事で頑固になるということなので、5つの対策を講じながら、心の広い自分をイメージてみたら、随分世界がひろがリますよ!

 

まとめ

頑固な性格を直したい、簡単な5つの方法

  • 頑固な人の傾向と言うのは
  • 自分が間違っているのではないかと疑ってみる
  • 自分がどんな結果を望んでいるのか考えてみる
  • 相手の考えを無理やり変えようとしてないか
  • 相手の意見に耳を傾けてみる