我慢強い人になりたい。7つの心得

Pocket
LINEで送る

gamantuyoi-hito
飽きっぽくて、何でも長続きしない、すぐに心が折れてしまう、なかなか自分の意志が貫けない…

そんな自分を直したいと思ってはいないでしょうか。

我慢強く、物事にコツコツと取り組める姿勢は、大事だと分かってはいるものの、なかなか実践できないものですよね。

今回は、そんなあなたの為に、我慢強い人になるためのちょっとした、7つの心得をご紹介したいと思います。

 

 

我慢強い人になりたい。7つの心得

継続は力なり

心がくじけそうになったり、諦めたくなったりした時は、継続する事の重要性を、自分に言い聞かせましょう。

よく、“自分には向いていない”と、取り掛かった物事を放棄してしまう人がいますが、向いているか、いないかなんて、すぐに分かるものではありません。

失敗しても挫折しても、努力を続けていく中で、技術も知識も精神も、磨かれていくものだからです。

仕事だけでなく、勉強も人間関係も、“継続は力なり”です。

簡単なようで難しく、また最も大事なこの事を、常に心に留めておきましょう。

 

目標をしっかりと描く

人は、何の目的もゴールもなく、頑張り続ける事は出来ません。

思い描く、未来への確かなイメージがあってこそ、日々の地道な努力や忍耐に、意味を見出す事が出来、目標に向けての毎日の小さくとも、着実な一歩一歩を感じる事が出来るのです。

確かな目標やゴールは、いざという時、私たちの手を引っ張り、支えてくれる強い力となります。

身近な小さい目標からでも構いません。自分の推進力となる、未来への目標をしっかりと持ちましょう。

 

いつも心を鎮める

取り組んでいる事が、うまくいかなくてイライラしたり、人との付き合いで振り回されて、カッとなったり、心労したり、日常には私たちの感情を乱す、いろいろな事がありますよね。

ストレスフルな出来事に、感情が溢れ出してしまいそうな時は、深呼吸をして、心が爆発してしまう前に一度立ち止まってみましょう。

ちゃんと息抜き出来る時は心を休め、溜まった感情を吐き出して、周囲の環境や出来事に振り回されず、自分のペースを守る事が忍耐には大事な事です。

 

仕上げこそ妥協しない

仕事でも勉強でも、長い時間をかけて取り組んできた事は、その仕上げこそ妥協してはいけません。

最後の最後まで、自分の持てる最大限の力を出して、粘る事が大事です。

目標の完成まで、たゆみない努力を続け、最後まで妥協しない強い意志が、我慢強い精神を強化します。

詰めの甘さは精神の甘さ、忍耐の弱さの表れです。

ゴールが見えてきた時ほど、気を引き締めて、集中して取り組みましょう。

 

困難は訓練

困難や試練は、ただ私たちを苦しめるだけのものではありません。

苦境にあってこそ、人間の真価が発揮され、必死になった時に、その能力が大きく引き出されるものです。

苦労した時間を通して、自分の本来の力を実感できるでしょう。

自分の行く手を阻む壁にぶつかった時、それは自分の実力が試されている、訓練の機会なのだと、出来るだけ前向きにとらえ、その壁を突破する為に、全力を尽くす事を心得ていてください。

全力を尽くした結果がどうであれ、自分の持てる力を出し切るという経験は、必ずあなたに大きな成長と様々な気づきの機会をもたらしてくれるはずです。

 

自分で決めた事は自分でやり遂げる

どんな状況でも、誰がなんと言おうと、自分の意志は自分だけのものです。

小さな事でも、大きな事でも、自分が決心した事は、自分の手でやり遂げましょう。

自分の決心や気持ちに、最後まで責任を持って、芯を貫いてください。

こうした覚悟や、強い意志を常に思い出して、努力を積み重ねていく精神が、我慢強さには不可欠です。

 

全ての事から学ぶ

“学ぶ”というのは、学校の中だけの話ではありません。

知識のみならず、人付き合いや様々な考え・価値観との遭遇など、人生は常に勉強の連続です。

我慢強くなる事は、毎日出会う、いろんな出来事に誠実に向き合い、どんな事からも学ぶ姿勢を持つ事です。

苦しくて耐えられないような中にある時も、怒りでカッとなってしまった時も、一度呼吸を整え、冷静に、その物事を見て、この苦境を通して、自分は何を“教えられているのか”を考えてみてください。

そして、そこから学ぼうとする心が、とても大事です。

 

いかがでしたか。

我慢強さとは、自分の意志を貫き、どんな苦しい中にあっても、諦めない不屈の強さと、物事に誠実に向き合って学ぼうとする、真摯さを兼ね備えている事です。

“我慢”という言葉は、どこかきつく辛いイメージを持たれる方が多いかと思います。

確かに、忍耐する事は、時に私たちに苦痛を与えるかもしれませんが、その経験から得られるものは、苦しみ以上に大きく、また私たちの人生を豊かなものにしてくれます。

ぜひ、ご紹介した、我慢強く物事と向き合う心得を、日々の生活の中で取り入れてみてください。

 

まとめ

我慢強い人になりたい。7つの心得

  • 継続は力なり
  • 目標をしっかりと描く
  • いつも心を鎮める
  • 仕上げこそ妥協しない
  • 困難は訓練
  • 自分で決めた事は自分でやり遂げる
  • 全ての事から学ぶ