痩せる習慣を考えてみた。試したい5つの習慣。

Pocket
LINEで送る

痩せる習慣
今年こそは痩せると決めても、なかなか長続きしないですよね。

痩せる為には、時間が必要です。長い時間、辛い思いをすることは結局断念することにつながります。

そこで、痩せる為の行動を習慣化させることが必要です。

今回は、痩せる為の習慣を5つ挙げましたので一緒にみていきましょう。

 

 

痩せる習慣を考えてみた。試したい5つの習慣。

痩せたいと言わない

痩せることを目標にしているのならば、「痩せたい」と言わないことが大切です。

「痩せたい」とは、今あなたが“痩せていない”ことを認めています。痩せていないから、痩せるために無理をします。

習慣にするためには、既に痩せ始めていると無意識に自分に思わせるのです。

痩せる為の習慣が、一つあります。それは、痩せる意識を持つという習慣です。

ここに、一つずつ習慣を追加していく作業をしていきます。既に痩せる習慣は、始まっていると自分を騙してください。

これから頑張ろうという意識では、一歩踏み出すのに多くのエネルギーが必要になりますが、痩せる習慣が始まっているならば、少しのエネルギーで済むのです。

 

食事制限をしない

痩せる為の行動習慣を持つことが大切ですので、制限は習慣にはなりません。

習慣にすべきことは、食事のときに効果を考えることです。食事や食材購入の際に、最低1つ意識してください。

1日に摂取して良いカロリーです。

そのために、自分の基礎代謝量を知る必要がありますが、最近は体重計に機能が付いていますので、ご自身で計測してください。

仮に、1,200kcalだとすると、1日3食だとして1食の摂取できるカロリーは単純に400kcalです。毎食400kcalだと、かなり質素な食事になります。これでは習慣化できません。

ですから、朝:昼:夜=3:6:1くらいの比率を心掛けてください。お昼は、720kcalくらいですので普通に定食を食べても大丈夫です。

ただし、生姜焼き定食や魚定食のほうがお勧めです。どのような食事が効果的かを勉強することも、習慣化できるといいですね。

 

体重ではなく体脂肪率に着目する

痩せる=減量と考える方が多いですが、綺麗に痩せる為には、体脂肪を落とすことが大切です。

無理に食事制限をすると、体重と一緒に筋肉量が落ちます。すると基礎代謝が下がり、脂肪燃焼できない体になりなす。結果リバウンドします。

ですから、基礎代謝と筋肉量をなるべく落とさずに、体脂肪量を減らすことだけに注力します。

ここで重要なのも食事です。炭水化物や油分はエネルギーにはなりますが、筋肉には変化しません。

筋肉に必要なのは、タンパク質とビタミンです。鶏肉や豚肉や魚は、豊富なタンパク質が含まれています。

そのタンパク質を筋肉に変化させるのが、ビタミンB6です。こちらは、鶏肉や魚にも含まれていますが豆類もいいですね。

基礎代謝を上げて、体脂肪を減らす。体重よりも、体脂肪に着目する習慣も、痩せる為には重要です。

 

経過報告者を決める

毎日、痩せる為にやったことを記録してください。これを習慣化します。

記録内容は、朝と寝る前の体脂肪率と毎食事内容くらいでいいです。食事と体脂肪率の関係を知ることが重要です。

もし、可能であれば便通回数も記録してください。食事と便通の関係も重要です。これを記録することで、改善点が見えてくるので、それだけでも効果はあります。

しかし、習慣化するためには、第三者に報告するようにしてください。週1回で構いません。協力者を作るのです。しかし、反応を期待してはいけません。聞いてくれるだけで有難いのです。

そのうち、あなたが期待するような反応があるかも知れませんが、まったく違った反応が返ってくることのほうが多いです。

しかし、その反応に、継続のための重要なヒントが必ずあります。

感謝とともに、相手の声を聴くことも痩せる習慣化の大切な要素になります。

 

痩せるゴールデンタイム

痩せる為に必要な要素に、痩せるゴールデンタイムがあります。

これも習慣化してください。入浴と睡眠です。

入浴は、20分程度で結構です。湯船の中で、自分の体を足から頭にかけて、ゆっくりマッサージしてください。

リンパを、下から上に流すのです。脂肪を揉み解してもいいですね。習慣化していると、そのうち汗の出方が変わってきます。顔から大粒の汗が出るようになります。これは、代謝が改善している証拠ですので、気長にやってみてください。

あとは、今日も頑張った自分の体をケアすることで、リフレッシュ効果もあります。

そして、夜は眠ります。入浴後の3時間が勝負です。

入浴後の最初の睡眠の3時間が、最も成長ホルモンが分泌されると言われています。

これが、ゴールデンタイムです。

3時間、ちゃんと寝続けるのです。この間、体は代謝が活発化するため、脂肪燃焼もありますが美容にも効果的です。

よく寝ることも大切ですね。

 

いかがでしたか?

痩せる為にする、行動の習慣化ポイントを見てきました。

「○○しなきゃ」ではなく、少し視点を変えることで、いつの間にか習慣になっていくことがよくあります。

ですが、基本は自分の体を大事にすること、なのではないでしょうか?暴飲暴食や不眠やストレスを、自分に与えることは良い効果はほとんどありません。

本当に習慣にすべきことは、自分を大切にすることです。自分を大切にする習慣を身に付けてくださいね。

 

まとめ

痩せる習慣を考えてみた。試したい5つの習慣。

  • 痩せたいと言わない
  • 食事制限をしない
  • 体重ではなく体脂肪率に着目する
  • 経過報告者を決める
  • 痩せるゴールデンタイム