後回しにしないで行動できる、簡単な5つの心得

Pocket
LINEで送る

atomawasinisinai-koudou
みなさんは、思い立ったが吉日、すぐに行動に移すタイプですか?

それとも、やるべき事も含め、後回しにするタイプですか?

後者に当てはまるというみなさんにひとつ、考えて頂きたいことがあります。

今、目の前はそれで事足りると思いますが、将来にツケが回ると思いませんか?目の前の課題を解決せずに回避したものが、別の場面で、また同じ課題に再度直面するという経験ありますよね?

では、この「先延ばし癖」をやめるにはどうしたらいいのでしょう?

本日は、「後回しにしないで行動できる、簡単な5つの心得」をみなさんにご紹介します。

将来の自分を大事にするために、是非ご活用頂ければ幸いです。

 

後回しにしないで行動できる、簡単な5つの心得

やるべきことは必ずメモする

まず始めに、「やらなければいけない!」という意識付けをする事から、始めてみてはいかがでしょうか?

つまり、やるべき事を可視化する事により、やる気を出すという方法です。

具体的には、やるべき事が確定した時に、「メモに書く」習慣を身に付けましょう!

また、そのメモを目立つ所に貼っておくのも、意識付けの効果があり有効なのです!

そうする事で、「邪魔になるというストレス」から、逃げたいと思う心理が働き、後回しを回避できます。

まずは、メモを有効活用し、意識付けをする事から始めてみませんか?

 

優先順位や期限を定める

次に、優先順位や期限を決める事も、後回しにしない為には重要な事なのです。

ここでひとつ、ポイントをお伝えします。それは、優先順位の低いものも含めるという事なのです。

人はとかく、優先順位の低いものを軽視し、後回しにする傾向にあります。

しかし不思議と、こういう人は、その軽視する領域が徐々に広がっていき、気づくと、「先延ばし癖」が定着してしまうのです。

そうならない為にも、やるべき事、ひとつひとつに順番と期限を定め、それを自ら守る事を徹底しましょう!

スマホのスケジュール機能に要件を書いておいて、アラームをスヌーズ機能ONでセットしておくと効果大ですよ!

 

「今」ではなく「後」のことを考える

物事を後回しにしてしまう人は、「今」の事しか考えていないのです。

「今はめんどくさいから」と、考えて後回しにしてしまいます。

そんなみなさんに、考えて頂きたい事があります。

ずっと後回しにして、結局最後までやらなかったらどうなるのか?一度リアルに想像してみてください!

後回しにする事で、未来のあなたに、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

状況は、さらに悪化する場合がほとんどではないでしょうか?

ではいつやるのか?それは今でしょ!

 

周りの人に宣言をする

物事を後回しにしてしまう人は、「自分との約束」なので、誰にも迷惑がかからないからいいや!と、考えてしまう傾向にあるのです。

しかし前説でも述べたように、この考え方はご自分の将来にツケを回し、結果としてご自身の未来に負担を回す、危険な考え方なのです。

ではどのようにすれば、「先延ばし癖」を解消できるのでしょうか?

それは、自分の約束を周りの人に宣言すればよいのです!

宣言をする事により、その約束は自分だけではなく、周りの人への約束にもなり、約束を守るという事に責任と義務感が生じ、達成への意欲が高まるのです。

また、実現した時の達成感を、周りの人ともシェア出来るのもメリットなのです。

まずは、「自分との約束」を、周りの人に宣言をする事から始めてみませんか?

 

自分に負担のない小さなことから実行に移してみる

物事を後回しにしてしまう人は、「その行動に対して何らかの心理的な負担」を感じているのです。

では、心理的な負担を軽減しつつ、その場で実行に移すには、どのようにしたらよいのでしょうか?

答えは「その避けている行動の中で、自分に負担のない、小さなことから実行に移してみる」ことなのです。

行動は「最小単位に分解」して、今の自分にでも出来る、一番負担の少ない事から始めてみましょう。

小さな事でも、やり始めると気分が乗っていき、意外とすぐに出来たりしますよ。

まずは、自分に負担のない、小さな事から実行に移してみてはいかがでしょうか?

 

いかがでしたか?

本日は、みなさんに「後回しにしないで行動できる、簡単な5つの心得」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

多くの人が「後で」が「明日」になり、「一週間後」になり、結局やらないで終わっていくのです。

やるべきことを後回しにせずに、どんどん片付けていくと、それだけ人生は自由になり、ご自分の未来は明るくなると思いませんか?

 

まとめ

後回しにしないで行動できる、簡単な5つの心得

  • やるべきことは必ずメモする
  • 優先順位や期限を定める
  • 「今」ではなく「後」のことを考える
  • 周りの人に宣言をする
  • 自分に負担のない小さなことから実行に移してみる