攻撃的な性格の人を、穏やかにさせる5つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

攻撃的な性格
仕事・プライベートに関わらず、日常生活で常に怒っている人、怒りっぽい人、怒っているように見える人、みなさんの周りにも見渡せば、一人やニ人、いらっしゃるのではないでしょうか?

常に怒っている人が、身近に増えた背景として、社会構造の変化に伴う、人間関係・コミュニケーションの時代変化が挙げられます。

過去を振り返ると、インフラの進歩と共に、社会構造は変化してきました。

まず始めに、水路というインフラが整備され農耕社会となり、次に電気が整備され工業社会となり、現在はインターネットの普及により情報社会となっています。

情報社会の特徴の一つに、常時二十四時間体制で稼動しているということが挙げられ、LINEやSNSの急速な普及により、コミュニケーションの幅が広がりました。

反面、Twitterの炎上に見られるように、リアルとバーチャルの区別が付かない、道徳が欠如した人が引き起こす、コミュニケーション・人間関係のストレスも社会問題となっており、訴訟に発展するケースも出始めています。

今回は、情報社会に生きる私達にとって、そのストレスの悪影響を受けている、攻撃的な性格の人と、いかにコミュニケーションを取り、付き合っていくか?その効果的な方法についてご紹介していきたいと思います。

 

攻撃的な性格の人を、穏やかにさせる5つの方法

怒りのメカニズムを知る

怒りっぽい人は、うまれつき攻撃的な性格なのではなく、後天的に何らかの要因で、怒りっぽくなったと考えられます。

子供ならば、このような性格の人と付き合わなければ済むのですが、大人はそうはいきません。職場・プライベート・家族など、自分自身の行為に常に責任がついて回るので、避けては通れない問題です。

そこで、攻撃的な性格の人との付き合い方に悩んでいる人に、まず行ってもらいたいことは、「攻撃的な性格の背景を知る」ことです。

怒るというメカニズムは、自身の心身を攻撃・侵害されたと感じる、ネガティブな感情であり、保身行為の一つであるということをまずは理解しましょう。

 

状況を把握し・自ら学ぶ

怒りっぽい人にも、必ず怒るツボがあります。無意識の内に、怒りのツボを自ら押しに行く行為を、日々繰り返していることに気付かず、いつも怒っていると感じているだけなのかもしれません。

行動心理学でも、人間の行動特性をタイプ別に標準化してあり、怒りっぽい人の行動特性を学ぶことにより、怒るツボを押さずに済み、コミュニケーションを円滑にすることが出来ます。

 

よい所を見つける

攻撃的な性格の人と接するとき、自分自身の焦点が、どうしても怒りに向く傾向にあります。そのため、怒りっぽい人の良さに気付かないのもです。

一度、攻撃的な性格の人の良さを見つけることに、集中してみて下さい。

怒りっぽい人の良さを見つけることにより、不思議と付き合う上で、ポジティブな感情が生まれ、自身の見方・接し方を少しずつ変えることが出来るようになります。

 

一言コミュニケーションを大切にする

怒りっぽい人というイメージが、自分自身の中にある人は、普段必要なとき以外は、コミュニケーションを避ける傾向にあります。

苦手意識のある人ほど、意識的にコミュニケーション回数を増やすことは大切です。回数を増やす効果的な方法として、一言コミュニケーションをご紹介します。

その日はじめて顔を会わせたときに、髪型・服装・雰囲気など何かひとつ、気付いた良い点を一言で伝えてみましょう。

たった一言、一日一回で良いです。後は継続することに重きをおいて実行し続けましょう。

 

他人と過去は変えられない 変えられるのは自分と未来だけ

最後に、まとめとして大事なことなのですが、攻撃的な性格の人を、自らの力で無理やり変えることは出来ないということです。

怒りっぽい人は、何だかんだ言っても、そんな自分を現状維持で良いと思っているため、変わらないのです。

自身が変わりたくないと思っているのに、他人が変えることは不可能です。

ただ一つ大切なことは、コミュニケーション・付き合い方は自分の写し鏡です。自分の接し方が、自然と相手を通じて自分自身に返ってくるのです。

他人と過去は変えられない、変えられるのは自分と未来だけです。

 

いかがでしたか?

攻撃的な性格の人に対する付き合い方を自ら変えることこそが、怒りっぽい人に自ら気付きを与え、自ら意志を持って変わってもらえる唯一の方法です。

 

まとめ

攻撃的な性格の人を、穏やかにさせる5つの方法

  • 怒りのメカニズムを知る
  • 状況を把握し・自ら学ぶ
  • よい所を見つける
  • 一言コミュニケーションを大切にする
  • 他人と過去は変えられない 変えられるのは自分と未来だけ